一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン コーチング
この季節、飲み会が多いのではないでしょうか。
送別会、解散会、退職祝いなどなど。。。。

昨日開催したセミナーでも、やっぱりそういうことで出席ができない方が多く、さらにキャンセル続出でした。
そんな時期にセミナーはやらない方がいいかもしれませんね。

そうはいっても、飲み会というものは必要だと思っています。

ただ、飲み会の幹事って、いろいろと気を使って大変だなあと思うので、できるだけやりたくないな。
そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。


私が社会人になってすぐのときに、家でついこんな愚痴をこぼしたことがあります。

「同期の飲み会があるんだけど、行きたくないんだ。断っちゃおうかな?」

母は私に言いました。
「飲み会は、誘われたら絶対に断っちゃだめ。そして、行くと決めたら、どんなに嫌だと思ってもぜったいにキャンセルしちゃだめよ。」

私はその言葉に従い、飲み会は行きました。
結局、すごく楽しんで帰ってきました。


私の会社では新人が幹事をやるという伝統的な慣習があり、私もその伝統を受け継ぎました。


その時に思ったのは、、、
「幹事というのがこれほど大変なことだとは思わなかった。」


大学時代でもそういうことはやってはいたのですが、それとは受ける印象が違いました。

職場のメンバーに開催のお知らせをしても、みんな忙しいので、返事は返ってこないし返ってきてもほとんどが未定だし、、、、、
20人ぐらいの職場で10人出ればいい方でした。
当時はメールがなかったので、案内を回覧してもらい、一人一人聞いて回ってと、大変な作業でした。
今ほど周りに居酒屋もなく、予約も大変。

しかも、直前でキャンセル続出!!
居酒屋に連絡したばかりなのに、また変更か…


「だから、母は『誘われたら出席する。出席を決めたらキャンセルしちゃいけない。』って言ったんだ・・・・・」


今では、飲み会に誘われたら必ず参加するようにしています。
だって、私に来てほしいと誘ってくれたのだから、それは本当にありがたいこと。

もしそれを断ってしまったら、「山内さんは誘っても来ないから、誘わなくてもいいんじゃない?」ということになるのは非常に寂しいです。
私なら2~3回断られたら、次からは誘いませんからねえ。


ちなみに、私はアルコールが一滴も飲めません。

だけど、なぜ飲み会に行くのかといえば、当然お酒を飲みたいからではではなく、一緒に行った人の人柄に触れることができ、仕事もしやすくなります。
それから、普段は聞けないためになる話がたくさん聞けます。
酔っ払いのコントロールの仕方も覚えられます。
料理のレパートリーもかなり増えました。
女性だからということで、たま~~におごってもらえます。
顏を知っているだけでなく飲み会で話したということで、仕事の関係もスムーズになりました。
これって、営業にはかなり必要なことですね。
いいことづくめです。

おかげさまで、私はとっても聞き上手になった気がしていますし、他部署との連携の仕事などで困ったことはありません。
知らない人でも、うまく付き合うことができるようになりました。
学生時代の私はとっても人見知りだったのですから。

それと、重要だと思っていることが他に一つ。
飲み会に参加する意義というか、「自分にはこれが必要だから参加する」というような目的とその理由をはっきりさせることは、揺らぎのない自分の行動に繋がっていくのだと思います。
揺らぎのない行動は、その後の信用に繋がります。
この信用というのは、仕事にとっても人生にとっても、非常に大事なものになってくると思っています。

おかげさまで、付き合いが広がることで、今では仕事の紹介もたくさんしてもらっています。


昨日開催したセミナーはドタキャン続出でしたが、参加者が申し込みの半分以下になるというのは、いくら理由が「仕方のないこと」ではあっても、かなりショックです。
今度は、「代理参加をお願いします」って書こうかな?
それと、なぜこのセミナーを受けたいのかを申し込み時に書いてもらうとか。。。。

主催者側に立ってみて、本当にこの気持ちがよくわかるようになったからかもしれません。




☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆

 筆跡セミナー「文字力で人生を変える<恋愛編>」 2012年4月21日(土)

☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆

  まるで占いのように良く当たる!
  いやそれ以上だ!!

という噂の筆跡セミナーが、とうとうやってきます!!!


あなたがよく見ている占いは、本当に当たっていますか?
もっと自分のことが分かるようになりたくありませんか?
さらに、自分の弱点を見つけて良い方に変えていきたいと思いませんか?
もしくは、自分の強みをもっと生かしたいと思いませんか?

この先、今のままというのは、本当にあなたにとって幸せですか?


とにかく「本当の自分を知りたい」、「自分の強み、弱みを見つけたい」、
そして「今の自分を変えたい」「自分をどう生かしたらいいか分からない」と
いう方のための筆跡セミナーです。

筆跡でいろんなことが分かります。
さらに筆跡で、自分の未来を変えていくことができます。


なんと、講師は日本筆跡心理協会で理事をされている菊池先生です。
先生の診断は、心理学もきちんと学んでいらっしゃるので的確で、
分かりやすく、とても丁寧です。


そんな菊池先生から教えていただけるのは、ドリームアップアカデミーだけ。


席数は、わずか限定20席です。
もうすでに情報公開前から、「ぜひ参加したい」という方で
席が埋まっています。

そして、これ以上増やすことは絶対にありません。

3時間半の間に全員の方に十分満足していただくため、
また、先生が一人一人に説明する時間が必要です。
本当はそれでも時間が足りません。

無理を言ってお願いした“最大限の席数”ですので、お早めにどうぞ。


日時  :2012年4月21日(土)14:00~17:30 
場所  :ちよだプラットフォームスクェア4F 401
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
     
受講料 :7,000円(指定口座にお振込み)
お申込 :ドリームアップアカデミーのホームページで受け付け中。
定員  :20名
講師  :日本筆跡心理学協会 理事 菊地 克仁 先生
主催  :ドリームアップデザイン株式会社
お問合せ:セミナー事務局 ドリームアップデザイン株式会社
     メールinfo@dreamupdesign.co.jp  
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
懇親会 :場所と金額は参加者の方へ追ってご連絡いたします。
     セミナーお申し込みと同時にお申し込みください。
     お一人で参加の方も、安心して楽しむことができます。
     菊地先生はとっても優しく、セミナーで聞けなかったお話を
     いろいろとお話ししてくださる予定です。
質問というと、「コーチだからうまくて当たり前」と思うだろうがそうでもない。
だけど、人がうまくできているかどうかは一目瞭然でわかる。



最近、不動産屋に会うことが多いので、いろいろと面白い話がここに掲載できそうだと思っている。
今回は、質問というテーマについて書いてみたいと思う。


不動産屋でまず聞かれるひとこと。


「どういう家をお探しですか?」



たいていの不動産屋はまずこのように聞くのだ。
ほとんどの営業マンが何の気なしに。

その聞き方は問題を抱えているということを知らずに。



営業マンは、お客様からよりたくさんの詳細の情報を仕入れるために、どんな質問が的確なのかを瞬時に判断する必要がある。


これが、いきなりかなりチャンクアップした(漠然とした)「どういう家をお探しですか?」だと、ざっくりした返事しか返ってこないはずだ。
もしくは必要な情報が欠ける。



それをお客の思考だと勘違いして、動く営業マンが多いのだ。
これが、非常に問題を含んでいるのだから、成績が上がるはずもない。

たかが質問と思っているだろうが、されど質問だ。


「どういう家をお探しですか」と言われて、お客様は何と答えてもらえると思っているのだろうか?


もちろん、探したい家を話してくれる。
でも、それは本当に困っていることを話すきっかけになるだろうか?

そこに、お客様の思いは詰まっているだろうか?



さて、、、


なぜ、「どういう家を探しているのか?」と聞くのだろうか?


その営業マンが探さなければいけない家の特徴を掴みたいからのはずだ。


でも、この質問で、どの程度のことを知ることができるのだろうか?


私がお客なら、「広さはこれくらいで、この駅に近くて、いくらぐらいの物件」って、答えるだろうけど、本当は『何から話したらいいんだろう』って凄く思っている。

そんなことを言う人はほとんどいないだろうけど。


「どういう家をお探しですか?」


つまり、あまりにも漠然としすぎているのだ。

こういう質問をしているから、本当に聞かなければいけないことを聞きのがすのだ。


例えば、最高いくらまでなら出してもいいと思っているのかとか、駅はどこまで遠くてもいいのかとか、周りの環境はどのようなものがいいのかとか、、、、、

とにかく知っておかなければいけないことはとっても多いはず。
それをうまく引き出すのが営業マンなのだ。


お客の好みを引き出す。


単純にいうと、この、「お客様の好みを引き出すために質問をする」という感覚が欠けているのだ。
言われればそうだと思うのだけど、意識してやっていない。

だから、お客の思考の把握が中途半端だ。



いくつかの不動産屋の中で、一つだけ小さいながらもネット検索でよい不動産屋を見つけることができた。

・・・と思う。


最初に聞かれた質問が、「どういう理由で家を探そうと思われたのでしょうか?」だ。


これは、非常に効果的だ。


これに対する答えを想像してみてほしい。
自分だったらどのように答えるだろうか。


なんと、この答えには、たくさんのお客様の思いが詰め込まれるはずだ。
その答えから、本当に必要な情報がかなりすくい取れるのだ。


だって、今問題を抱えている部分を解消したいから家を探しているのだ。
その問題の解決を一緒になって探すのが営業の仕事ではないのだろうか?


一緒に問題を解決できる営業マンを探すのは苦労する。

いくら評判の良い大手の不動産屋だといっても、ほとんど良い人がいないという事がよくわかったこの1週間だった。














その人たちが何を考えて仕事をしているのか、とっても不思議に思うことがあるんです。

どういう人かっていうと、


   【指示待ち人間】


最近はあんまり言わないのかなあ?




「どうやってやったらいいのか分からなかったのでやりませんでした。」


とか、


「やったほうがよかったですか?」


とか、


「間違っちゃいけないと思って」


などなど、、、、

言い訳はたくさん出てきます。



わかんなかったら、聞いてくれ~。
なんかおかしいと思ったら聞いてくれ~。
何度も言っているじゃないか。
(ー_ー)!!


なんでその場で聞いてくれなかったのかと聞くと。


「後で聞こうと思っていました。」


後っていつなんだ~~~???
(@_@;)


結局。私がさっさと処理してしまいました。
できるだけ穏やかな顔してね。
これもよくないと思うけど、時間が全くないので怒っている暇もないし、説明している暇もない。


こっちがもっと早く聞けばよいのかと思うけど、

そこは、、、ほら、

   報連相


です。

大切だからね。


しかも、もう30半ばだしさあ。
頑張ろうよ。
もうちょっと。


私が35くらいの時はさあ、、、

なんて昔話はしたくないけど、、、、、



結構徹夜もして土日もなく働いて頑張ったよ~。
残業時間は、月平均150時間は越えてたからね。今ではできないけど。

それでも、少しでも暇を見つけちゃあ、図書館で勉強もしたよ~。

結婚もしてるから、家のこともしなくちゃいけなかったよ~。

それで、成績も上げていたよ。
自慢じゃないけど。


あんたはどんだけ暇があるんじゃ~~。


なんだか、一人で叫んでいても、むなしいだけだ。

あっ、こうやってブログに書けば、読んでくれる人もいるから、きっと慰めのコメントもたくさん来るでしょう。きっと。


今度は、毎日聞くかな?


  何か滞っていることは?
  何かわからないことは?


でも、35才っていうと、部下も何人かいて、第一線でばりばい働いているよね。
こんなこと毎日聞きたくないなあ。


毎日の報告を書かせるか。。


それも何だかね。


だんだん、大事な仕事は任せられなくなります。
もしものことがあったら、お客様に失礼だし、それ以上にお客様を失いたくありません。

結局、内向きの、納期のない、単純作業しか回せないんです。



もし、自分がくだらない仕事しか回ってこないなあと思ったら、そういうことだということです。



単純に頭がいいとか悪いではなく、人の話を聞いて、どう行動に移すかと、わからないことを恥ずかしがらずにどんどん質問や確認をすることが肝心なんです。


これが一番。


そういう人のほうがかわいいので、上司もどんどん仕事も振るようになります。


全部が全部ではないけど、人間関係が普通だったり、ブラックでなければ。
常にコミュニケーションをとるってことが大事なんです。


ミスしたっていいんだから、頑張ろうよ。

フォローするから。
ちゃんと。











気に食わないコーチっているんですけど、なかなか本音は言えません。


さて、コーチの質問で、明らかに、何かの答えを持っていて、そこに向かうように誘導していると思うと、どうしても、それに対して答えたくなくなります。
私は。


そういうことを感じた場合は、だんだん怒りモードになります。
そして、かなりの距離ができています。

そういうのは自己嫌悪になるので、やめてほしいんだけど。。。。。。



さて、私がそういう時に、していることは。。。。


どういう意図でその質問をしているのかを、逆に質問します。


ほとんどの場合は、その意図を話してくれます。

でも、明らかにコーチが答えを持っていて、そこを考えたほうがよいと思ったからというようなこと言います。
やっぱりねえ。。。


はっきり言って、そんなこととっくの昔に考えているんだけど。
だって、ビジネスでは当たり前のこと。

それを考えていないような質問なんて、ありえないって思います。

それか、その知っていることを自慢でもしたいのか?


本当は、どうすればいいか。


コーチが答えを持たないことです。
これはとっても難しいこと。


だから、「答えはクライアントの中にあります」っていうんです。


私も気を付けないとね。
誘導の質問は、相手との距離を置くだけです。

そして、ラポールが壊れます。

あなたの今のキャリアは、満足できるものですか?

ほとんどの人はキャリアカウンセラーになんて、自分のキャリア・人生を相談しないと思います。
でも、本当にそれで良い人生が、悔いのない人生を送れるのでしょうか?

いつも自分のそばにいて、自分をいつも応援してくれる。

仕事に疲れたり、人生を見つめなおしたい時に、そんなキャリアカウンセラーに相談すると、1人で考えるより、友達に相談するよりずっといい結果を得ることができるんです。

あなたの一生をもっとよいものにしたくはないのですか?


せっかくカウンセラーがいるのですから、使わない手はないんです。



シーズキャリエ代表取締役の種市さんは、とても優しい語り口で話を聞いてくださるので、ついついいろんなことを話してしまいます。
話せば話すほど良い結果が得られます。


種市さんと
(左:山内ケイト  右:種市さん)


種市さんは多くの方のキャリア支援をしており、ほんとうの母のような暖かさで聞いてもらえるので、リピータも多く信頼の厚いカウンセラーです。


カウンセリングを手掛ける中で、非常に多くの方がストレスを抱えていて、残念ながらそれをうまく対処できないでいることを憂いて、少しでもそういう方の心が解放できるようにと、東奔西走していらっしゃいます。

そして、種市さんのキャリアセミナー「ストレス時代」が8月25日(木)19時~21時に、吉祥寺商工会議所の第3会議室で開催されます。
参加費は3000円と安いので、参加しやすいですね。


お問い合わせ・参加申し込みは、電話03-3431-1614、もしくはlistentoin@yahoo.co.jpへ。

私も参加します。

26695


この数字は何でしょうと聞いても、ピンとこないかもしれません。



溜まりに溜まった受信箱フォルダーだけのメールの数です。
このほかに、振り分け用のたくさんのフォルダーがあるし、使っているメールアドレスも6つあります。

それらを全部いれたら、何万通あることやら。。。
なんでこんなに溜まってしまったのでしょう。


こんなに多くても、きちんと動くのであれば、問題はありません。
でも、最近メールを見ていて、ほかのフォルダーに移動しようとする時とか、異常に遅いのです。
ひどい時になると1分ぐらい待って、やっとそのフォルダーにアクセスできるようになります。


ですから、なんとしても対処をする必要があったわけです。
とにかく整理すること。



それで、先週から必要のないメールの削除をしていますが、それが、結構削除しているのにもかかわらず、わずかしか減らないんです。

特に面倒なのがメルマガです。
読んでいないものが多いから消してしまえば、そかも解除してしまえばいいのですが、どうしても読みたいものばかり。


しかも、自分で登録していないメルマガもあるような気がしています。
こんなのなんで送られてきているんだろうって。

そういうのに限って、登録を抹消しても、まだ送られてきているんです。
こういうことまでして、そんなに読ませたいんですかねえ。


仕方がないので、ゴミ箱に著おこ直行するように設定しました。
こういうメルマガは、読みたくなるような内容もありませんから。

なんだか、自分のはどうだろうと、こういうところで反省してしまいます。



さてさて、一生懸命減らしているメールですが、これがなかなか一向に減りません。

思い切ってどこかで断ち切る必要があります。
ばさ~~っと。


こうやってメールを整理しながら思うのは、メルマガを本当に心をこめて書こうということです。
きちんと解らない間に削除もできるようにする仕組みも。




みなさんは、メールをどのようにしていますか?


テーマ:おすすめ
ジャンル:ビジネス
コーチングをやっても変わらないという方へ


変わらない方はとても多いです。

もちろん、コーチングをしている間は、「やりたい」「やろう」と意識を変えるわけです。
そして、コーチとも約束しますので、当然それを実行したいと思うわけです。

単に1回やるだけならできると思いますが、それをずっと続けていくという場合、もしくは、大きな線を踏み越えて大きくジャンプするようなことを活動する場合、一体どれだけの人が実行できたのだろうかと思うと、コーチの私が言うのもなんですけど、30%もいたらすごいのではないかと思います。


ずっと続けていくことと言うのは物凄くパワーが必要です。
もちろん大きくジャンプするにもそれだけパワーが必要です。

人間はすぐに変われません。
顕在意識では変わりたいと思っているのですが、潜在意識が変わっていないからです。



人間は、どうしても楽な方へとなびいていきます。
そう仕組まれています。

ですが、学びたい、成長したいという風にも仕組まれています。

この相容れない作用に縛られて、人は悩むんですね。


そして、実行しなくても、十分満足できる生活をしている場合は、それで終わります。
結局またやらなかったね~って。
自分は、いつも三日坊主だなあとか、、、自己嫌悪に陥るわけです。


でも、一瞬だけ。
それによって多大な不利益を被っていないから。


実際にはそれで良いのではと思うこともあります。

しかしながら、だいたいの場合は、後から『あの時ああやっていればよかったなあ』と悔やむんですね。
ほとんどの場合がそうです。

分かっているけど、なかなかできません。


変わるということはそれだけのパワーが必要なのですから。



先日のコーチングセッションで、クライアントさんが葛藤していました。


  「この仕事はお金がよいので手放したくないんだけど、担当者とはもう口もききたくないほど
   嫌な思いをしているから、どうしたらよいのか迷っているんです。」


普通のコーチングでは、仕方がなく続けるか、思いきって辞めるかだと思います。


これに対して、第3の方法があるんです。
もちろん、クライアントさんの大きな気付きがそこにはあるわけです。

そして、本当に何とかしたい。
このご時世なので、仕事は手放したくない。
必死な思いもあるのです。


山内は、その気付きをもたらすコーチングを実施しています。
NLPの手法を取り入れて、潜在意識からの気付きをもたらします。

そのクライアントさんからは、本当に良い気付きを得られたと、会うたびにお礼を言われます。
とっても嬉しい言葉です。
何よりもうれしいです。

潜在意識で自分を変えてみませんか?
テーマ:コーチング
ジャンル:ビジネス

皆さんは、楽しい時間をすごしていますか?

おかげさまで、私は、毎日ストレスもなく、楽しい日々が過ごせていると思っています。
4月末に開催したセミナーも順調に集客ができ、かなり早い段階で満席となりました。

こんなことは初めてなので、とってもうれしいです。
また、来ていただいた方には本当に楽しかったというコメントをたくさんいただきました。

参加していただいた皆様のおかげです。
ありがとうございます。

次回は、『相手を知る』というテーマで、相手の考えていることや思いを知る方法をお伝えします。
これがNLPだという人もいるくらいで、アメリカの映画にも出てきたほどの有名な手法です。

最後に案内が出ていますので、ご覧ください。


先日、久しぶりにメルマガ仲間とお食事会をしました。
そして、女だけということもあり話がいろいろと弾んで、しかも、とてもおいしい料理だったので、本当に楽しい時間をすごすことができました。

こういう楽しい時間はたくさん持つといいです。
気持ちがほわっとして、嫌なことも忘れて、明日から元気で生きていけるって感じになります。
こういう時間を持てる友人がいて、幸せです。

と、涙を流しながら、今文章を打ち込んでいます。
おかしくて笑っているのではなく、感動で涙が。。。。。


「一生懸命生きているだけで、美しい。」
と、真剣に全力で応援してくれる、我武者羅應援團の歌を聞きながら、涙がこぼれてきて仕方ありません。

実は、テレビを見ています。
なんとなくわかった方もいらっしゃると思いますが、、、、、


『誰も知らない泣ける歌』

東京では日本テレビで放送されています。
99年で廃校になった沖縄嘉陽小学校の最後の卒業生のために歌うJIMAMAの歌でも感激し。

何でこんなに泣けるんでしょう。


泣いて笑って、こうやって悪いものをやっつけてしまいます。

笑うとナチュラルキラー細胞が活性化して、癌細胞をやっつけてくれます。
その他、いろんな病原菌もやっつけることができるとか。

そして、泣くこと。
ストレスを浄化するそうです。

そして、脳の前頭前野が活性化されるそうで、他人のために尽すことが喜びに感じるようになるとのこと。


実は、今日ついつい怒っちゃったんです。
まあ、自分のやっていることを蔑ろにされたからだと思うんですけどね。

さっきまでまだグチグチ思っていたのに、今はさっぱり思いがかなり薄れていて、わずかしか残っていない感じです。
ストレス緩和も本当なんだなあと実感しました。


そして、、、、
精一杯がんばれる歌も聴いたので、明日は良い日にしていきます。


■□■□■□■□■□■□■□■□■

BNIでビジネス拡大できます。あなたのビジネスは成功していますか?
こんな世の中でも仕事で忙しくできるのは、すばらしい仲間がいるから。

とても信頼できる仲間を紹介できます。

  税理士・社労士・建築設計士・生命保険・損害保険・整体師・印刷業
  キャリアカウンセラー・弁理士・翻訳業・司法書士・行政書士・イベントプロダクション
  ホームページ製作・集客コンサルタント・ファイナンシャルプランナー

    yamauchi@dreamupdesign.co.jpまでご連絡ください。

--------------------------------------------------------------
■2時間で、あなたも使える心理学
 『脳と体の使い方セミナー』~【NLP入門】その2「相手を知る」編■
--------------------------------------------------------------

おかげさまで、第1回は満席となりました。
うれしい限りです!

今回は第2回のお知らせです。


ちょっとしたやり方を覚えるだけで自分が変われるとしたら、しかもその
やり方をたった2時間で知ることができるとしたら?

今までの様々な失敗の経験や周りからの言葉が影響して、あなたの潜在意識の中で

   「今回だってうまくいくはずがない。」
あるいは
   「今のままでも十分うまくいっているし・・・。」

とプログラムされてしまっているからなのです。
そのために、本当はできる能力があるのに、あともう少しのところでうまくいかないのです。

脳と体の使い方セミナーでは、「脳」と「体」の仕組みをうまく使って、そんな問題のプログラムを
短時間で変化させる方法を紹介します。
いつの間にか気持ちが変わり、生活を変化させることができる方法です。


「脳と体の使い方」であるNLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)
という心理学の手法がそれです。
世界で大活躍するスポーツ選手を始め、ビジネスで大成功を収めている人や多くの人が、
このNLPを使って自分の人生を変え、イキイキ・ワクワクの毎日を送っています。

あの勝間和代さんの著書『起きていることはすべて正しい』でも、ビジネスにも大変有効な方法で
あると推薦されています。
そんなNLPをあなたも体験してみませんか?

今回の入門セミナーは、2時間で脳と体使って「相手を知る」をテーマに、“NLPは初めて!”という方でも“NLPは良く知っている”という方にも満足していただけるようにお伝えします。


セミナーのポリシー:本セミナーは他のセミナーによくある高額コースへ誘うためのものではなく、初心者の方でもわかりやすく、NLPを知りたい、勉強したい方のために、毎回いろいろな内容でお送りする予定です。


□■「脳と体の使い方」セミナー  ~ NLP入門その2「相手を知る」編 ~  □■

 今回は、相手の考えや行動の理由を知り、関係性を良くしたり、自分の行動を変えたりすることが
 できるようになる手法をお伝えします。

日時 :2009年5月27日(水)19:00~21:00
場所 :ちよだプラットフォームスクエア504, 505    (東京メトロ東西線、竹橋駅下車3分)
    受講料:3,000円
講師 :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト 森田哲也、山内ケイト
お申込み:下記のサイトへアクセスしてお申込みください。
      http://dseminar.com/?pid=13019206
主催 :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:info@dseminar.com

セミナー後に懇親会があります。
費用は3500円くらいです。もっとNLPを知りたい、もう少しNLPについて
話したい方は、ぜひご参加ください。
テーマ:ナチュラルスタイル
ジャンル:ライフ