一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン NLP
私は、人から指図を受けたくないって気持ちが人一倍強いのかもしれませんが。


がっかりするセミナーがなんと多いこと。

最近のセミナーや講演でよく聞くことは、
「○○だから△△したほうがいい」「XXしましょう」と命令のオンパレード。
一言二言だけじゃないってことですよ。


小さいころから説教や命令ばかりをシャワーのように浴び続けた私には、
そんな言葉も命令されているように感じます。

  うるさい!!
  あんたにそんなに言われたくない。

セミナー中に、頭の中でつぶやいています。


命令はちょっときついかもしれませんが、これらは、直接的に人に行動を促すための言葉です。
つまり、相手に行動してほしいことを「こうしたほうがいい」と直接的な言葉で表現しているということです。



そういえば、お金払って人の話を聞くのがアメリカ人で、無料でも人の話を聞かないのが日本人だというのを
どこかのコラムで読んだことがあります。


以前は、単に「そうなんだぁ~」って思っていただけだけど、
もしかして、これの原因は話すほうなんじゃないのかな?


先日、アメリカのイラク・アフガニスタン帰還兵が自分の貰ったメダルをNATO首脳会議の会場の方向に投棄するというセレモニーをテレビで見ました。
兵士一人一人が、会場にいる多くの人の前で一言だけ話しをして、メダルを会議場に向かって投げるというものでした。


下記のURLには発言が掲載されていますが、そのうちの一つを掲載します。
http://motleynews.net/2012/05/25/nato-protest-war-vets-return-medals-what-the-news-didnt-show-you/#

つたない日本語ですみません。

 私の名前は、アッシュ・ウールソンAsh Woolsonです。
 私は、軍曹でした。 私は'03年にイラクにいて、私がそこで見たものは、私を押しつぶしました。
 私は我々にこれで苦しんで欲しくありません。そして、私は我々の子供たちに二度とこれで苦しんで欲しくありません。
 そして、私はこれら(メダル)を返還します。

そう言ってこの元軍曹のアッシュ・ウールソンさんは、NATO会議の会場に向かってメダルを投げました。

この時の言葉は30秒もない短いものです。

それなのに、「戦争はこんなに酷いものだから即刻止めるべきだ。」なんて言葉を使わなくても、本当はそう言いたかったということがひしひしと伝わってきました。


日本では、こういう発言をしているのはあまり聞いたことがないなあと思いました。
きっと、「こんなにひどいんですよ、みなさん。だから戦争はやっちゃいけないんです。」って言いそうな気がします。


こんな風に人を感動させる話ができるようになりたいな。

最近びっくりしたこと。


「ちっともわかってくれない」と愚痴をこぼす人のほとんどは、伝え方が悪いんだなあって。
私の経験からすると、90%は堅いなあ。


しかし、、、

こんなにひどいとは思ってもみませんでした。


なんとなくそうかなと思ってはいたのですが、どんなふうに説明してみたのかを聞いても、
その場とは違う説明になるから、今までは実態が良く分からなかったんですけど、
とにかく「伝え方が悪い」ということが判明!


この1週間の間にあった出来事をあげてみました。


話すべき理由を話せないエンジニア

ある中堅エンジニアが「XXをやってください。お願いします。」というメールを出したところ、
「XXは、こちらでは△△という理由でできないので、○○に聞いてください。」という返事が。

実は、メールを出す前から、△△という理由でできないのは分かっていたのです。
なのにさらに聞いたってことは、もしかしたら何かあるかもしれないと思ったから聞くことになったはずなのに、、、、、

この人、なんと、話さないんじゃなくて、どういう風に説明したら相手が分かってくれるか分からないんです。
だから、相手からはいつも分かり切った返事しか返ってこないんだってば。

結局、謝りのメール入れて、もう一度最初から説明して、2度手間ですねえ。


なぜ良いのか言えていない販売員

「これ、XXにとってもいいんですよ。」
どういう理由でどのくらいいいのか、ちっともわからない。
どんな人にいいのかもわからない。

だから、あいまいな返事をすると、「こんなに良いものなのに~」と拗ねる。

いい理由を論理的に説明して~~~!

別にこだわっているわけではないけど、私が良いと思わなくちゃお金は出せないのよね。



共通の話をしているはずなのに、なぜか話がかみ合わないエンジニア

「4つのパターンを試さないといけないので、~~~(長いので省略)」とある人に仕事を頼んでいた。
4つのパターンと言えば、「きっとあれだろう」と想像していたら全くの別物ということが後で判明。

4つのパターンって何?と聞くと、その後に聞いた説明もそのパターンにそぐわないものだったので、
そのエンジニアは「もう一度確認してから説明します」って。。。。

忙しくて時間がないんじゃなかったっけ?
ああ~、だから時間が足りないんだ。



好きでない物件を勧めてくる不動産屋

「とってもいい物件が出ました。どうでしょう?」
良い物件と言われても、ちっとも乗り気ではない私。

なぜならば、私が要望した要素が考慮されてないと思われる物件だから。


要望と違うから100%嫌だというわけでは決してないのです。

人は要望と違うものが出されても、それに見合う理由があれば購入するものです。
ですから、提案するときの言葉が重要なんですけど、そんなことがまったくないから購入を見合わせる話をすると、、、

「北西でも、陽当たりは全く問題ないです。本当にいい物件なんですけどねえ」

北西で陽当たりがいい???

いい理由を論理的に説明して~~~!
あれ、これってデジャブ



人を動かすって、とっても単純なんだけどなあ。。。
できない人にとっては、とっても難しいけど。

モダリティ modality


心理学用語で様相:視覚・触覚などそれぞれの感覚器による感覚のこと


モダリティの表象(代表)システム(representation system)

 視覚 Visual :映像、光景、イメージ
 聴覚 Auditory :音(騒音、声、音楽など)
 触運動覚 Kinesthetics :感覚、感じ
 臭覚 Olfactory :におい
 味覚 Gustatory :味


VAKOGという形で書かれていることが多い。
止めるか続けるか。


この境目はどこになるのでしょうか?


一度始めたことですが、それをルーティンワークのように続けるというのは、私の辞書にはありません。
常に何かを加え、進化させ、拡張させたものにしていくのが続けることだと思っています。


まずは、続けて軌道に乗せていくことが大事です。
それが十分な期間になったと思えば、次の段階です。


脳と体の使い方という3年も続いたセミナーですが、今まで次の段階を目指してなかったのかと思うと、今は悔やんでいます。
もちろん、コンテンツはいつもいつも最高のものをと思い、何度も何度も打ち合わせと意見の出し合いで、ブラッシュアップさせています。

いかに参加者に分かりやすくするか。
目的を忘れずに、すべてがつながるようになっているか。


おかげさまで、ここ最近は4,5件のセミナーの依頼があります。
しかも1回だけでなく毎月やって欲しいとか、5回シリーズでやって欲しいとか、、、、とっても嬉しいお話ばかり。


これからは、コンテンツだけでなく、宣伝にも力を入れていきたいと思います。
でも今からでも遅くはないので、変化はしていきたいですね。


止めるか続けるかの境目は、私の場合は「気分」もありますが、自分にとって何か収穫があるかどうかで判断しているのではと思いました。

以前、ある異業種交流会に参加していました。

それをやめるときに考えたことは、このまま続けていた場合の事業の拡大予測値が、交流会の参加にかかる経費や時間をペイできるほどではないと判断したからです。


このように、何かの指標を持って常に行動することはとても大事なのかなと自分では思います。



もし決断が遅いと思っている方は、ご連絡ください。
ご自分の持っている指標や基準を見直すことをお手伝いいたします。


少し自分を出していこうかな。。。



私は、話に「理論的に辻褄が合わない」とか「違和感を感じる」と思うと、
ついつい話の信ぴょう性を疑ってしまっています。


最近、「これXXにとっても良いのよ!」とか、「これXXに効くから」などと
化粧品やサプリメントなどを勧められることがよくあります。

本当に良いものを進めてくれる場合もありますが、それを勧めることによって
その人にお金が入ってくるようなときは余計に違和感が強くなります。

「売るために良いことばかり言っているのでは?」と。


勧められるたびにどうしても納得がいかず、でもそれを追及できない私がいます。


ここで追及してしまうと関係が壊れてしまうと思うから、どうしても
当たり障りのない返事をしてしまいます。
後で後悔もしてます。

あの時なんでこう聞かなかったんだろうって。


みなさんも多かれ少なかれこういうことはあるのではと思いますが、
これらに違和感を覚えることはありませんか?


NLPという心理学では、
「人は無意識のうちに話の情報を「削除」「歪曲」「一般化」する。」
と言っています。

削除・歪曲・一般化は、普段私たちが使う意味とは少しイメージが違う部分が
ありますので、きちんとここで説明しておきます。


 削除 deletions :一部の情報だけが選ばれる。または一部が省略される。
 歪曲 distortio :自分が解釈を加えて理解した情報。
 一般化 generalizations:情報をチャンクアップした状態。
          つまり、情報を大まかな情報でとらえていること。

これらのことを無意識でおこなっています。

人は、無意識のうちに自分の知っている情報の自分に都合の良い部分を
自分の都合の良い解釈を加えて、一部は大まかに表現を変えて、
相手に情報を伝えるという事をしているという事です。


削除・歪曲・一般化に関してはもう少し詳細がありますが、
ここでは省略します。



それで、最初の言葉をもう一度、最初に飽きた言葉を見てみましょう。

「これXXにとっても良いのよ!」


この言葉だけだとかけている情報がたくさんあるのは、お分かりでしょう。
では、欠けている情報というのはどんなことでしょう?

こんなことが挙げられます。
1.「とっても」というのは何と比較してどのくらい?
2.「良い」というのは、どういう状態と比較して良いのか?
3.「良い」というのは、何がどのように良いのか?
4.この状態は、誰にとって良かったのか?
5.4で良いと分かった時の条件は?
6.果たして、私にもよいとどうしてわかるのか?
  症状の原因が違ったら効果の度合いも違うのに。

他にもあるかもしれませんが、このようにいくつかの情報が
埋もれてしまっています。


つまり、「ある製品を使っている人のXXにとっても効果があって良かった」
というような情報を、削除・歪曲・一般化という脳の無意識の操作を経て、
「これXXにとっても良いのよ!」という言葉になっているのです。

これは、良い悪いではなく、どんな人にでも起こりうることです。


ですので、すべての情報を明らかにする必要があるとは言いませんが、
相手がどんな情報を必要としているのかを知り、そのことを説明をする必要が
あるのではと思います。

それをせずに「良いのよ」だけでは、相手の「YES」が取れていないので、
それ以上の信頼関係は難しいと感じました。

単純に、相手が知りたいことは何かをよく聴き取り、それを補う情報を
相手に与えるだけでいいのです。


また、こんなことも思います。


その人が本当に困っている状況が分かっていっているならいいけど、
そうかどうか分からないのにそうと決めつけて「XXに良いのよ」というのも
止めて欲しいなと。


例えば、「これ、食物繊維が多く含まれていて、便秘に良いの」と
言われたとします。

女性は便秘が多いので相手もそうと思ったのかもしれませんが、便秘症でない女性に話した場合は、相手はどう思うのでしょうか?

「失礼ね!私は便秘じゃないわよ」なんて思っているかもしれません。
言葉にはしないけど。

もしくは、
「私には関係ないけどなあ、、、、まあ聞き流しておこう」
なんてね。


しかも、便秘になる原因はいろいろあって、それによって対応の仕方も違うのに、
何でもかんでも食物繊維の摂取量が多ければいいというものでもありません。

例えば、「不溶性の食物繊維は水分を吸収すると十数倍にふくれるので、
腸の中を刺激し排泄を促す効果がある」のです。

そうなると、実際に取らなければいけない量より少なくても効果的な取り方があるという事です。

さらに、どのような原因の症状の場合にどのように効果があるのかってことが
実際にはわかってなくて勧めているので、質問しても答えられないのです。


以上のようなことがあるので、いくら勧められても私には必要ないと
ついつい思っちゃうわけです。


それが口に出して言えない私自身を少し直した方がいいかな?


 ・婚活って、どうしたらいいの?
 
 ・なかなないい人が見つからない。

 ・お見合いパーティーじゃ、いい人はいない。

 ・まだ、大丈夫。

 ・結婚相談所はちょっと敷居が高い。


離婚が増えているとはいえ、結婚する相手を決めるという事は、人生の後半を
どちらかがあの世に行くまで一緒に過ごす相手を決めることですから、
そんなに簡単に物事を決められるものではありませんね。

誰も、失敗したくはありません。
良い人が見つかれば結婚したい。

いままでうまくいっていなかったら、少しだけ、とっても簡単な方法を
取り入れてみませんか?


☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆

 筆跡セミナー「文字力で人生を変える<恋愛編>」 2012年4月21日(土)

☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆

素敵なパートナーを見つけて、結婚したい。


そんな想いの方に、ぜひお勧めしたいのが、「筆跡セミナー」です。


例えば、婚活パーティーなどで「いいな」と思って付き合い始めたとします。
最初のうちは分からなかったけど、だんだんと「こんな性格だとは思わなかった」
ということがあります。

早く分かれば、次の人を探すことができますね。


大体の場合は、相手に自分を良く見てもらいたいから、発見するのが遅れます。

しかし、筆跡を見れば、自分に合っているかどうかがすぐに分かるので、
すぐに次の行動に移ることができます。

ダメージも少なくて済みます。


例えば、自分の性格は、たぶんこうだと思うけどという場合、
恋愛に対する今の自分の考えや行動が分かると、
この先の行動のしかたが分かってきます。



  恋愛においての自分の行動や考え方は、どんなふうなのか。
  自分に合っている人は、どんな人か。



実は、筆跡でいろんなことが分かるのです。


さらに筆跡を変えることで、自分の未来を変えていくことができます。
結果を出している人が多くいるんです。


「本当かなあ?」と疑ってしまうのは、仕方がないことだと思います。

そして、不安を持つことはとっても大切です。

もし参加して「やっぱりインチキ」とか「当たってない」、「価値がない」って思ったら、遠慮なく申し出てください。
セミナー参加費7000円を全額お返しします。

多くの方に参加していただきたくて、ぎりぎりの7000円を設定しましたが、インチキだったら、これじゃあ価値がないというものだったら、損ですね。


それだけ、このセミナーの中身に自信があります。


講師は、多くの方を見ていて、ダントツの実績がある「日本筆跡心理協会理事」の菊池先生です。
先生の診断は、心理学もきちんと学んでいらっしゃるので的確で、分かりやすく、とても丁寧です。


とにかく「良いパートナーを見つけたい」、「本当の自分の性格を知りたい」、「自分の強み、弱みを見つけたい」、そして「今の自分を変えたい」という方のための筆跡セミナーです。

筆跡で、今までとは違う明るい未来を手に入れてみませんか?



日時  :2012年4月21日(土)14:00~17:30 
場所  :ちよだプラットフォームスクェア4F 401
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
     
受講料 :7,000円(指定口座にお振込み)
お申込 :ドリームアップアカデミーのホームページで受け付け中。
講師  :日本筆跡心理学協会 理事 菊地 克仁 先生
主催  :ドリームアップデザイン株式会社
お問合せ:セミナー事務局 ドリームアップデザイン株式会社
     メールinfo@dreamupdesign.co.jp  
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
懇親会 :場所と金額は参加者の方へ追ってご連絡いたします。
     セミナーお申し込みと同時にお申し込みください。
     お一人で参加の方も、安心して楽しむことができます。
     菊地先生はとっても優しく、セミナーで聞けなかったお話を
     いろいろとお話ししてくださる予定です。



お申し込みは、リームアップアカデミーのホームページで受け付けております。


テーマ:お知らせ
ジャンル:ビジネス
いわゆる草食系というか、優しくて押しの弱いエンジニアがいました。
(過去形ですが、今でもエンジニアを元気にやっています。)


彼の見た目はちょっとオタク系でスリムな体型で小柄なので、傍から見てると
「この担当は大丈夫かな」と思わせる所があります。

残念ながら優しいことが災いして、社内の重要な会合に出ると、大変な役回りを
押し付けられたり、開発要件の追加推進の旗振りを、本来なら開発部門が担当する
はずなのに担当を任されたりしています。

きっと、もっと気持ちが強くなれば担当しないか、もしくは担当になったとしても
他のメンバーにいろんなことを任せるように動くことができるのではと思います。

本人も本人なりに強く言ったりしているようですが、うまくいかないようです。

そんなエンジニアに、ただ「もっと積極的に」とか、「強く言ったら?」とか
アドバイスしてもなかなかうまくいきません。

本人は頑張っているのですから。


私の昔のボスはとても優しく話す人で、決して「ああしろ、こうしろ」と言うのを聞いたことがありません。

そして、いつの間にか部下をうまく動かしていました。

その手法は、こんな感じです。

相手がその方向にしか動けないように、「あの人はXXだから、こうした方がいいよね。
XXXはこういう考えでやるのが理想だよね。お客様が望んでいることだし。
それで、XXXはこうだから、いつまでにXXXをやってもらえると助かるなあ。」
というのを、ニコニコしながら優しく言うのです。

後から考えると、その言葉にがんじがらめになっている自分を発見したりします。
でも、それはそのボスの勝ちです。

そんな風に、何かうまい言葉を使うことで相手を動かすことができるってことを、
草食系のエンジニアに話してみました。

「XXさんは、誰もが思うと思うけど、気持ちがとっても優しいよね。
それで、私の昔のボスはものすごく優しいんだけど、人を動かす話し方をするのがとっても上手くて、
命令が優しさに包まれているので、誰も嫌な感じで受け取ったことがないんだよね。
XXさんもそれを身に着けたら、きっと回りもすごく変わると思うよ。
XXさんにとってものすごい武器になると思う。」

そうすると、「そうですねえ。やってみます!」と力強い言葉が返ってきました。
ちょっとびっくりするほど力強かったのを覚えています。


その後、そのエンジニアはその優しさをうまく使って、だんだん相手を動かすことができるように
なってきました。

その成果も出てきて、もちろん、上司も一目置くようになっています。


相手を動かすようにするには、仕組みは単純です。
Yesセットと自己重要感とあいまいな言葉を組み合わせて使います。

例えば、

「この資料はお客様から受領したものだから、これを基にして考える必要があるよね?」
→「はい」

ここで「いいえ」と言う返事をすることはありません。
このように、返事が「はい」となるような質問を積み重ねていきます。
これがYseセットです。

「XXさんは、少しはこの資料の内容を知っているよね?もちろんかじった程度でいいんだけど。」
→「(この前ちょっと話を聞いた程度だけど・・・・)はい」

「XXさんは、時間的にこれを読むくらいの余裕はあるよね?20ページぐらいだし。
最初の数ページは概要だから特に何もないと思うんだ。」
→「はい」(20ページよりあると思うけど・・・・ま、いいか最初のほうは何もないらしいから・・・)


「ほかの人は別のことを担当してもらうので、ちょっとこれを読んで、分かるところだけでいいので、
問題点をまとめておいてくれない?XXさんはそういうまとめがみんなより上手いから。」

→「(うまいかなあ??? そう言われちゃしょうがない)はい」

まとめが上手いと言われちゃあ、半端なものを出すことはできないから、
Xxさんは一生懸命に良いものを作ろうとしますね。

これは例えばなので、誰にでもあてはまるわけではありません。
でも、ポイントはどんな場合でも同じです。

・相手の返事がYesになるような質問をする。
・相手の自己重要感(褒める、認める)を高める話をする。
・あいまいな表現をする。
  例:他の人、みんな、~くらい、かじった程度、少しは、余裕、分かるところだけ、数ページ

あいまいな表現とは、例えば「他の人」と言われれば、その部署に所属しているメンバー全員なのか
それとも一人でもいいのか、この表現だけではわかりません。
数ページだって、1ページなのか5~6ページなのか、人によって使い方はマチマチです。

このように、「これ」と特定できない表現を使うということです。


ただし、もともと信頼関係がない相手には、何をしても通じません。
まずは、信頼関係を築くところから始めましょう。


これをニコニコしながら優しく言われたら、なかなか反論もしにくいものです。
でも、事務的に言われたり、高圧的に言われたら、私なら心の中で「え~~~、また?いやんなっちゃうなあ」
と反発しているでしょう。

ですので、優しく言う技術を持っている人にとっては、とても速く身に着けられる
のではないかと思っています。
3月28日(水)にいつものセミナーがあります。
今回もこじんまりと楽しくやりますので、興味があれば、ぜひいらしてください。
今回は、コースでは教わらないワークですが、ほんのちょっとしたことで感じる
ワークで効果のある体験ができます。

============================================================
「脳と体の使い方」NLPセミナー 2012年3月28日(水)  
    ~~第35回 『場を作る』~~
============================================================
人間心理を知って、うまくパフォーマンスをアップしましょう。


【第35回の内容】『場を作る』
    笑顔を忘れずに、話し方も気をつけているのに、なぜか相手との
    距離を感じる。
    なんとなく、この場にいてはいけないような気がした。
    別にそういう状況ではないはずなのに、そう感じることは多いはず。
    そんな自分をうまく開放する方法をお伝えします。

日時  :2012年3月28日(水)19:00~21:00
場所  :ちよだプラットフォームスクェア5F 504, 505
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
     
受講料 :3,000円(当日会場でお支払いください)
お申込 :こちらのサイトで受け付け中。
     もしくは、info@dreamupdesign.co.jpまでメールで、
     参加日時とお名前をお知らせください。
講師  :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト、認定コーチ 
      森田哲也、山内ケイト
主催  :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:メールinfo@dreamupdesign.co.jp  
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
その他 :セミナー終了後、自由参加の懇親会があります。

本セミナーは他のNLP入門セミナーと違い、1回だけでも十分に楽しんで身に
つけられるようにプログラムを組んでいます。
高額のNLP資格コースの内容を、誰でも気軽に2時間で学べるように厳選し、
実生活に取り入れられるようにお伝えしています。
10人前後の少人数の参加者ですので、安心して参加できます。
また、資格コースなどへの高額セミナーの勧誘は一切いたしておりません。
テーマ:お知らせ
ジャンル:ビジネス