一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 2006年08月
皆さんは、自分の価値観をじっくり考えたことはありますか?
価値観とは、自分にとって、どのようなものなのでしょうか?


価値観とコーチングについて、今回受講したコーチングのセミナーでもやっていましたので、ここでもう少し考えたいと思います。


価値観とは、辞書によると、このようにかかれています。

   いかなる物事に価値を認めるかという個人個人の評価的判断。
   (三省堂「大辞林 第二版」)

   個人もしくは集団が世界の中の事象に対して下す価値判断の総体。
   (岩波書店「広辞苑 第五版」)



つまり、その人が何を大切に思って、物事を決めたり考えたりするのか、ということだと思います。


たとえば、飲みに行くのが大好きなAさんとBさんがいたとします。

 Aさんは、お酒の種類は何でもよく、とにかく安く飲める大衆居酒屋に行きます。
 Bさんは、こだわりのワインが多く置いてある、おしゃれなお店によく行きます。

このように、飲みに行くのが大好きでも、価値観の違いで行く店が違うのに、もし、AさんとBさんが一緒に飲みに行ったら、どちらかに多少なりとも不満が残ると思いませんか?


コーチングでは、この価値観を探らずにコーチが勝手に判断してしまうと、クライアントには「コーチは、私のことを判ってくれているのかしら?」という違和感が生まれます。



さて、クライアントの価値観に従って気持ちに触れていくと、クライアントの心が動くのが判るんです。どこに現れるかと言うと、表情や声の調子などですからすぐにわかると思いますが、クライアントのことをよく観察してみてくださいね。

その兆候が現れたら、その動いた心をもっともっと振動させていきます。
そして、その気持ちがどんな状態なのかを、しっかり味わってもらいます。


実際にクライアントをやってみると、とっても気持ちが良かったです。
ポジティブなところが、さらにポジティブになってしまって、うれしい気分になりました。



ここで、変化を恐れたり、心配をする感情も生まれます。価値観が“しゅん”と縮んでしまうことで、その出現がわかります。

この感情がどのようなものか、対話したり観察したりしてみることも、コーチングの面白い結果に繋がってきます。



大切なものを本当に大切にしたときの状態を、クライアントがじっくり考え味わうと、本当に自分がやりたかったこと、考えたかったことが見えてくると思います。

そして、びっくりするほど大きな飛躍に繋がることがあります。
そう、転職とか。



これからも、クライアントの価値観を大事にし、価値観に触れるような話をしていきたいと思います。


病気(やまい)からの贈り物 病気(やまい)からの贈り物
藤咲 里花 (2005/07)
日本文学館
この商品の詳細を見る


とにかく、凄いです。

こんな人が世の中にいたのだというくらい壮絶な人生を歩んでいる女性のお話です。


入院25回、手術20回、160名の医師との出会い。


こんな数字、私は聞いたことがありません。
それでも、いまだに彼女は全身の痛みと戦っているそうです。

子供のころからの苦難の連続と、医師にも見放されても生きていかなければいけなかった日々の葛藤、必死に生きてきた家族、離婚、本当に過酷な運命です。

なぜ彼女がこんな目に遭わなければいけなかったのでしょうか。
それでも彼女は、現在前向きに生きているのです。
そして、彼女自身をみんなに知ってもらうことで、少しでも何かの(特に医療面での)役に立てられればと活動いるのです。

すばらしい生き方をしている女性だなあと思い、ものすごく応援していきたくなりました。

皆さん、ぜひ読んでみたください。
感動は5星以上です。
今日8月23日は「処暑」。
二十四節気の1つで、暑さが峠を越えて後退し始めるころと言われています。

暑さが峠と言われても、今日の東京は相変わらず暑いです。でも、夜になると虫の声が聞こえてきているので、もうすぐ秋なんだなあと思っています。

さて、こんな日がコーチングブログの最初の日にふさわしいかどうか判りませんが、これからコーチングとNLPに関係することを、少しずつ書いていこうと思います。

最近の私のテーマは、「質問する」

コーチングでは質問することは当たり前ですが、なぜコーチングでは質問するのでしょうか?
質問するとどういう風によいのでしょうか?

こんなことを少し考えてみました。
ちょっと難しいですね。

でも、質問することは簡単なようですが、私にとってはちょっと難しいかなと思っています。

実は、コーチになったころは、質問することも大変で、とても苦労していました。
どうしてかと言うと、クライアントさんの話した言葉に対して、何を質問したらよいのか、質問することが、質問したいことが、まったく浮かんでこないのです。頭の中が真っ白になってしまいます。

話していることに興味を持てばできると言われても、クライアントさんの話は面白くて、ものすごく興味はあるんです。
そして、他の人が質問している内容を聞いて、「ああ、私も同じことを思ったので、そういう質問をすればよかった。。。」と必ず思ってしまうのです。

コーチングのときは、心の中では、どうしようどうしようといつも焦っていました。
セッション前に、質問をいくつか準備しておけばいいと言うアドバイスももらいましたが、話すテーマが変わってしまい、結局、ほとんど使えなかったりで。。。。

いろいろと工夫をして、経験を重ね、質問力が備わってくるのを感じました。やはり、経験が重要だと、心から思いました。

これについては、ワークショップで皆さんと考えていくのにちょうどよいテーマかもしれません。


明日は新月。
エンジェルに願いを託す日です。
無料お試しコーチングを実施しております。

事前にコーチングを体験してみたい方、コーチングはどんなものなのかを知りたい方など、ぜひご連絡ください。
また、コーチングについてのご質問も受け付けております。


ご希望の方は、お申し込みフォームに必要事項を記入し、お申し込みください。
また、ご質問のある方も、こちらからお送りください。

セッションの時間などは、「セッションについて」をご覧ください。

コーチングセッションは、コーチとクライアントの1対1で行われます。
場所は、周りに話を聞かれないようなところが良いと思います。

コミュニケーションの方法は、電話を用いる場合と対面の場合と2つのスタイルがあります。

それぞれの特徴には、次ののようなものがあります。

・対面の場合
   顔が見えて安心。
   話しやすい。
   外で行う場合は、喫茶店などが多いため、周りが気になる。

・電話の場合
   話に集中しやすい。
   周りに誰もいない場合が多いので、立ったり歩いたりなどの行動ができる。


また、コーチングは、コーチとクライアントの相性や信頼関係がとても重要です。無料体験コーチングを通じて、「コーチに自分のことを話せているか」「コーチの話し方などは、自分にあっているか」などを確認して、その後の契約を結びましょう。
もちろん、合わないと判断すれば、契約しなくてもかまいません。

1回のセッションの時間は基本は30分です。通常は、1ヶ月2~4回で、最低3ヶ月おこなうことが多いです。
ゴールを決め、それに向かって進み到達するのに、約3ヶ月というスパンがちょうどよいからだと思います。




自分にとって、気持ちが和むものは何でしょう?
それを探したことはありますか?

今私はそれを探している所です。
そのもの、もしくは場所が何なのかどこなのか、いろいろ探っています。


別府温泉に行ってきました。

棚湯ってご存知ですか?
棚田のように、湯船がだんだんになっているんです。

 杉乃井ホテルの棚湯

眼下に別府の町と別府湾が見渡せる大展望風呂で、お湯はさらっとしていて、とっても気持ちがよかったです。
東側を向いているので、朝日を見ながらの温泉も格別です。


こんなお風呂に漬かりながら、いろんなことをゆっくり考える機会がもてるのもそうないことなので、とっても充実したよい日でした。


コーチングやNLPに関するセミナーやワークショップをお知らせします。


申し訳ございません。
ただいま、お知らせするものはありません。

  一瞬の気づきが何億もの価値を生み出します


コーチングは、あなたの気づきの助けになります。
NLPは、あなたの思いを実現するための助けになります。



『Power & Move コーチング』が、あなたには必要です。



  料金 : 20万円/1回45分 

      対面でおこないます。
      場所は、日常とは違う、しかも落ち着ける、コーチングにふさわしい場所
      を選びます。
      確実にするためのフォローをおこないます。
      


  お申し込み、お問い合わせは、お気軽にこちらへどうぞ。

  《お申し込み》  《お問い合わせ》  






「一瞬の気づき」に出会えると、その先はどうなると想像しますか?


大切な一瞬を得るために、あなたをサポートします。


 あなたはどうなりたいですか?
 あなたは何をしたいですか?
 あなたはどんな夢を見ていますか?
 あなたにはどんな声や音が聞こえていますか?
 あなたは何を感じていますか?



・Power & Move コーチング
・NLPコーチング
・ビジネスコーチング
・ライフコーチング