一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 2007年08月
今テレビで流れていた曲を聴いて、高校時代にいつもつるんでいた数人の仲間とドライブした事を思い出しました。

懐かしさもあり、キラキラした青春も思い出し、楽しかったいろんな場面が次々と浮かんできて、思い出すだけでワクワクになった楽しい数分間でした。

こうやって昔のことを思い出す機会があるのも楽しいですね。


  ある曲を聴くと、振られた事を思い出すから、悲しくなる。
  この曲は、ウキウキと旅行したことを思い出す。

皆さんにはこのようなことはありませんか?


このように、何かによって感情の変化が起こる仕組みを、NLPではアンカリングといいます。
上記の2つは、音によるアンカリングですが、視覚によるアンカリングや体感覚によるアンカリングもあります。


たとえば、梅干やレモンを見るとそのすっぱさを思い出して、口の中に唾液がたくさん出てきませんか?

この場合は、梅干やレモンの映像を思い浮かべるので、視覚によるアンカリングといえます。


実はこのアンカリングというものは、何かをこの瞬間にやり遂げようとする場面や、緊張して実力を出せそうにないけど何が何でも力を出したい場面などには、とっても有効に使うことができるという仕組みなのです。

マラソンの高橋尚子選手が、金メダルを取ったシドニーオリンピックの時、レースの前にテンションをあげるために「hitomi」の『LOVE 2000』を聞いていたことは、当時はいろいろなところで紹介されていて、けっこう有名になりましたね。

もうお分かりでしょうが、このように曲のアンカリングを使うことで、大事な試合の前に、試合では最大限に自分の力が出るような曲を聞いて、実際に成果を上げるということができるのです。

実際に曲を聞けない場合は、曲を自分で口ずさむなどして、気分を高揚させる方法もあります。

私は、セミナーの前とか、試験の前などに、体感覚のアンカリングを使っています。それと、声のアンカリングもです。
あるところを触ると、自分がパワフルで冷静で、成功するパターンを思い出し、だんだん自分がそのようになってくるのが感じられます。

そして、さらに友人たちが口々に励ましてくれたときの声を思い出します。
これはダメ押し。


そうすると、本当にパワフルで冷静な自分が出現します。
そんな風にパワフルになった場合は、本当に成功することが実現できます。
また、試験も良い成績をとっています。

これをするのを忘れたときは、いつも何か物足りない自分で、消化不良になります。
これでは実力はなかなか発揮できないかもしれないと思いました。



みなさんは、どんな曲でどんなシーンを思い出しますか?
そして、その思い出は、あなたをどんな風に変身させてくれますか?
その変身したあなたは、どんな力を発揮していますか?


次回9月13日(木)のNLP入門セミナーpart5では、このアンカリングのシステムを学ぶことができます。そして、実際にパワフルになれる自分を体験することができます。


このアンカリングのパワーを、あなたはどういう場面で使いたいですか?






セミナーのお知らせ
-------------------------------------------------
■NLP入門セミナー「今すぐ使えるNLP」Part5■
-------------------------------------------------
あのNLPが、初めてでも気軽に学べて、すぐに日常で使えます。
今回はシリーズの5回目になります。

《Part5 の内容》

  ・大事な場面で実力を発揮させる仕組みを作ろう(アンカリング)
 
なりたい自分を実現する技術で、楽しい人生を送りませんか?
職場の上司・部下・同僚と、人生のパートナーと、お客様と、友人と、
コミュニケーションがびっくりするほど変わります。

【日時】 2007年9月13日(木)19:00~21:00
【場所】 ちよだプラットフォームスクエア 505
     東京都千代田区神田錦町3-21
      http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
     東京メトロ東西線 竹橋駅 3b KKRホテル玄関前出口より徒歩2分
【参加費】 3000円
【講師】山内ケイト
     米国NLP協会公認トレーナーアソシエイト
     ジーニアスブレイン認定 NLPトレーナー
     財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ
【申込方法】申込フォームでお願いします。
        http://form1.fc2.com/form/?id=180038
【問合せ先】ドリームアップデザイン株式会社 info@dreamupdesign.co.jp
【これからの予定】
  Part5 アンカリング  9月13日(木)
  Part6 タイムライン  10月11日(木)
【その他】終了後に懇親会があります。(参加は自由)






自分の好きなことをやっているはずなのに、なかなか楽しめないなあと思っていることはないですか?

もしくは、ここで楽しめるともっと楽に感じるのになあとか。



もしかして、結果が気になりますか?

  きちんとやらなきゃ。
  うまくやらなきゃ。
  失敗しないように。。。。


私も最近まではそうでした。
楽しもうと思っていても本当にできなかったのです。
どうしてだろうと悩んでいました。自分にはできないのかなあと思っていました。
とりあえず、楽しい振りをしようとも思い、実際にやってみました。


なかなかうまくいきませんでした。


それがそれが、一昨日のことですが、やっとのことで思いっきり楽しめるようになりました。


本当に本当に、心からその時を心から楽しんだのです。



何を楽しめたかというと、それはプレゼンなんです。
セミナーをやっている私がまさかと思っているでしょうが、本当なんです。


今まで何回となくプレゼンはやってきましたが、緊張し、思ったことがうまく話せず、あとから悔やむことがたくさんで自己嫌悪でした。

では次回に問題点を修正できていたかというと、ちっともそんなことはありませんでした。
次回は次回で行き当たりばったりでした。


目的は楽しむこと!
そう決めたのです。

そして、プレゼンの中身の組み方を理想の状態にできました。
これも大きかったかもしれません。


クリス先生の「Enjoy!!!」という言葉。


これが最も励みになったかもしれません。
そう、すべてはenjoy!


enjoyできると、結果がすべて変わってくるのです。
いままで思っていた、

  きちんとやらなきゃ。
  うまくやらなきゃ。
  失敗しないように。。。。

が、すっかりなくなりました。

よく考えれば分かっていたのです。
きちんとやることなんて必要なかったのに、うまくやることも必要なかったのに、失敗しても良かったのに、、、

頭では分かっていても、実際にそう思うことが難しかったのでしょう。


私はこんな風に考えました。

さて、「きちんと」とか「うまく」やらなければいけないのは、どうしてだろうか?

 そうしたほうが自分にとって良いから。
 良い講師だと思われたいから。
 きちんとできないと、自分が許せないから。


これじゃあ、だめじゃん!

本当にやらなければいけないことは、

 「セミナー参加者に持って返ってもらいたいものを確実にする!」

でしょう。
そんな簡単なことなんです。


それには、自分が本当に必要だと思うことをきちんと伝えらるようにすればよい。それには、自分の体験なら本当に必要だと思えるし、体験ならきちんと伝えられる。それを心から伝えればよい。

そして、体験は自分の左脳からのみ出てくるのではなく、右脳も左脳もすべてをフル稼働しなければ出てきません。
それには自分の潜在意識の力を信じて、そこから湧き上がってくるものを言葉にできるようにする。

そうするには、この状態を楽しむことなのです。


楽しむこと。


皆さんは、どのくらい楽しんでしますか?















テーマ:こいつは使えるぞ
ジャンル:ビジネス
NLPのワークの中に、セラピーと同じような(といってもNLPはセラピーなどのいいとこ取りをしたものだから)ものがあります。

その中で「6ステップリフレーミング」というものは、とっても簡単に説明すると、自分の治したいところとその意味合いを自分の中にある部分(パートという)から聞き出し、代わりの行動を聞き、すべてのパートに賛成を得られれば、その代替行動をおこなうというものです。


この、自分の中のパートすべてに賛同を得る、というところは、自分の中のパートがいろいろと働いて自分となっているのですから、外の世界、つまり、友人や同僚などとの仕事でも協調性を持っておこなうことが、大切なんだということです。

協調性を持って作業をおこなうことにより、一人で作業をするより、よりすばらしい成果が得られることは、皆さんもよくご存知だと思います。



また、このワークでは、なぜ止めたい行動を取るのか、その肯定的意図を探るので、それがとっても腑に落ちて、代替行動を受け入れやすくなるように感じます。


私は、やっていることに飽きてしまい、ゲームをやってしまうことがあるのですが、どうしてもやめたくてこの6ステップリフレーミングというワークをやってみました。

なぜこんなことをしたのか肯定的意図は、いろんな不満から逃げて満足感を得たいから、だったのです。
そして、代わりの行動としては、本を読んだり、自分を振り返る時間を作ったりなどで、現在は振り返りの時間を持っています。
そう、自分の中のいろんなパートに、自分の行動を理解してもらうためなのです。

今ではこの振り返りの時間が、自分をさらにパワーアップさせるのに役立っているように感じます。



まだまだ奥の深いNLPです。


テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ

先日、こんなメールをいただきました。

「山内さんから教わった方法で、女性がコンプレックスを解消して生き生きしている様子をテレビで放映していました!! すごいですね!!!」


 先日のセミナーでお伝えした「モデリング」という手法で、そのテレビで縫製された女性は本当にイキイキとなったそうです。
モデリングというのは、なりたい自分になるために、その部分を持っている人(もしくは理想の自分)の行動や思考を真似して、その理想の状態に早く確実になるという手法なのです。


 こう書くとと分からないかもしれませんが、皆さんも普段何気なくやっていることなのです。

例えば、周りに関西弁の人が多いと、自分も関西弁になったりしませんか?
それは無意識がモデリングして関西弁を習得してしまっているのです。

無意識でもそうですが、意識的に、しかも細部の動作や考え方などもどんななのかを観察したり考察したりして真似てみましょう。
そう、ただ真似をするだけでは、少し足りないのです。


その行動をするときのその人の思考はどんなものなのだろうか?どうしてそういう行動をするのだろうか?


こんな風に意識してみましょう。


 


このモデリングに似たことは、昔からいろいろなところにも取り入れられていると思います。

たとえば、~道というもの。柔道・剣道・茶道・華道現在では手取り足取り教えてもれえるかもしれませんが、昔は先生や先輩から教わるのではなく、見よう見まねで自分のものにしていきました。


料理の世界では、日本でも海外でもとても厳しいもので、やはり教えてもらえるものではなく、先輩のやり方を見たりこっそり味見したりして、盗んで自分のものにしていきます。


 実際に、会社で後輩に手取り足取り教えても、ほとんどが身に付かず、どうしようもない状態になっています。
本人がどうしても覚えたい、身につけたいと思ってそれが身に付くように行動しているものは、本当にきちんと身に付きます。

他にもこのような例はたくさんあります。


そして、日本では「守破離」という言葉があります。この言葉が生まれてきたのも、やはりモデリングというやり方がすばらしいものを生むということがわかっているからなのだと思います。

真似をするというと、嫌だなと思うかもしれませんが、本当に確実に変えたいなら、使ってみませんか?






セミナーのお知らせ
-------------------------------------------------
■NLP入門セミナー「今すぐ使えるNLP」Part4■
-------------------------------------------------
あのNLPが、初めてでも気軽に学べて、すぐに日常で使えます。

《Part4 の内容》
  ・思い込みを変化させよう(リフレーミング)
  ・悪習慣を改善しよう(6ステップリフレーミング)
 ※Part3でご案内していた内容と少し変わります。
 
なりたい自分を実現する技術で、楽しい人生を送りませんか?
職場の上司・部下・同僚と、人生のパートナーと、お客様と、友人と、
コミュニケーションがびっくりするほど変わります。


特に今回は、『6ステップリフレーミング』という、どうしても止められなかった悪習慣を断ち切り、新しい自分を作ることができるというワークをおこないます。
タバコを止めたい、食べ過ぎや飲み過ぎをやめたいなどなど、やめたいのにどうしてもやめられないことをやめられるようにするワークです。



【日時】 2007年8月9日(木)19:00~21:00
【場所】 ちよだプラットフォームスクエア 504
     東京都千代田区神田錦町3-21
      http://www.yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10
     東京メトロ東西線 竹橋駅 3b KKRホテル玄関前出口より徒歩2分
【参加費】 3000円
【講師】山内ケイト
     米国NLP協会公認マスタープラクティショナー
     ジーニアスブレイン認定 NLPマスタープラクティショナー
     財団法人 生涯学習開発財団 認定コーチ
【申込方法】申込フォームでお願いします。
        http://form1.fc2.com/form/?id=180038
【問合せ先】ドリームアップデザイン株式会社 info@dreamupdesign.co.jp
【各回の内容】
  Part1 コミュニケーションの基本(ラポール) 4月18日に終了
  Part2 相手を知ること、VAKの表象(代表)システムと優位感覚
      6月6日(水)終了
  Part3 モデリング・ポジションチェンジ 7月4日(水)に終了
  Part4 リフレーミング  8月9日(木)
  Part5 アンカリング  9月13日(木)
  Part6 タイムライン  未定(10月初旬予定)
【その他】終了後に懇親会があります。(参加は自由)