一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 2009年09月
朝晩も大分涼しくなってきました。
みなさんは、体調は大丈夫ですか?

7月の終わりごろの話ですが、、、
伊東温泉にある有名なHリゾートグループのIという旅館に一人で宿泊してきました。

広い部屋で、しかもかなりよい金額でしたが、これも勉強の一つだということで、
とても良い経験をしたと思います。


最近は、言葉使いがとっても気になることが多いです。
友人との語らいではそんなに気にはならないのですが、ビジネスの場ではかなり
気になります。

そして今回は、そんな体験をいくつもしましたので、少しだけ皆さんにお伝えしたいと思います。
たった1泊ですけど、本当に多かったです。


順番に。

まずは予約の電話。
これは良かったです。

いろいろと部屋を迷って決めましたが、これについては合格でしょう。
もう少し、相手がどんなことで決めやすいかを探ってもらえるような言葉をかけてくれると、もっと短い時間で決められると思いました。

さて、次の間のある和室で土曜日だったから4万円くらいしたかなあ。。。
それで、10畳の和室で4畳半の次の間付き。
まあまあの広さなので、一人では十分ですね。

楽しみ!


当日、何時に家を出るかわからなかったので、駅から旅館までのお迎えの車は行く途中の電車の中でお願いしました。

予約したときの男性が、到着の15分前ならば大丈夫だとのことだったので、30分以上前に電話しました。


私:「熱海から電車に乗っているんですが、17時ごろに駅に着きます。それで、お迎えをお願いしたいのですが。」
旅館の女性:「お迎えですか?」


私は、その後なんて言葉を発したら良いのかとても困りました。
だって、迎えの車はないのか、それとも私の声が聞こえなかったのか、どうしたらよかったんでしょうね。


しかもその後、、「電車は何時に着くんですか?」と聞いてきた。

確か16時57,8分くらいだったので17時と言ったのに、、、、
何本も電車が来るわけじゃないから、17時くらいに着く電車くらい時刻表があればわかるだろうと思います。
つまり、電話の近くに時刻表が置いていないわけですね。


それから、迎えの車の中から無線で私が到着することを連絡していたにもかかわらず、チェックインに10分以上待たされた挙句、次の会話です。


ベルボーイが部屋へ案内してくれる時の会話です。


ベルボーイ:「今日ご案内する部屋は、広い部屋をご用意いたしました。」

私:((それって、アップグレードってことかなあ???))

ベルボーイ:「広すぎるかもしれませんが。」


私はこの言葉にカチンと来てしまいました。

女一人で泊まるには広すぎるってこと?
私には狭い部屋がお似合いってこと???
広すぎるというのは私が決めるんであって、あんたが決めるんじゃないのだ。

まあ、そうカッカすることでもないのですが、そういうことを考える人は大勢いるんじゃないかなあと思います。

部屋は確かに広くて最上階なので景色も抜群ですが、まあ12畳と次の間6畳の部屋で、ふだん私が過ごす12畳のリビングとほぼ同じ広さだし、私の家も9階なので景色は負けてはいないから、広い感じはしないなあ。

人によって感じ方が違うということを知っておく必要がありますね。


その後もトラブルは続きます。
部屋のお湯のみは汚れているし、夕食に行った食事処のテーブルは汚れていたし、チェックアウトもかなり待たされた挙句、駅までの車の準備ができましたと言っておいて、私と荷物はほったらかしで案内もせずどこかに行ってしまうし。

最後に、フロントの男性から、「クレームがもしあったら、この用紙に書いて投函してください。」とアンケート用紙を渡されました。

そして、「ここに書いていただければ、次回に来る時にはそれがきちんと直っていますので、ぜひまたいらしてください。」と言われました。
その言葉はとっても自慢げに聞こえました。

わたしは、「きっと難しいだろうな」と思いました。
そして、私の中の2度と行きたくない旅館にリストアップされました。
そして、アンケート用紙には書くところがないほどびっしりとクレームを書きました。

きっとクレーマーと思われたかもしれません。
でも良いところも書いたんだけど。


思ったことは、確かにすばらしい旅館ではあります。
設備は豪華でお湯も料理もすばらしい。
でも残念ながら、気遣いの足りない言葉のために、とっても損をしています。

だれのために仕事を考えると、良くなっていくのではないかと思います。


さて、会話の話ですが、ついつい言ってしまう言葉かもしれません。
言う方は何気なく使ってしまうかもしれませんが、言われたほうはとっても失望するのは間違いありません。

言葉は、相手を喜ばせもするし失望もさせることがあります。


私も気をつけないと。



なんだかビジネスがうまくいかない方のためのセミナーです。
今回は、なぜ目標が大事なのか、また、目標をいかにクリアできるように考えるかをお伝えします。


□■□■□  脳と体の使い方」セミナー ~ NLP入門その6「未来を描く」編 ~ □■□■□

内容 : あなたの経験がパワフルな自分を作る。未来を描く。そして実現する。
日時 :2009年9月24日(木)19:00~21:00
場所 :ちよだプラットフォームスクェア5F 504, 505    東京メトロ東西線、竹橋駅下車 3b (KKRホテル東京玄関前) 出口より徒歩2分
    その他、大手町、神保町、小川町
    受講料:3,000円(当日会場でお支払いください)
お申込み:申し込みサイト http://dseminar.com/
    :メール info@dreamupdesign.co.jp(名前と連絡先を記載)
講師 :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト、認定コーチ 森田哲也、山内ケイト
定員 :20名(会場の都合で人数を制限しております)
主催 :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:メールinfo@dseminar.com  電話 050-3466-4725 (Tel/Fax共通)
その他:セミナー終了後、自由参加の懇親会があります。(3,500円くらいの予定)

本セミナーは、1回だけでも十分に楽しんで身につけられるよう、気軽に使えるテクニックを
厳選してお伝えしております。

皆様の前進のために、このセミナーが少しでもお役に立てられれば幸いです。
本格的な学びをお考えの方は、NLPコーチング(本コース講師の森田も山内もコーチです)や
NLP資格コースをお勧めします。

【次回以降の予定】次回以降の開催案内をご希望の方はinfo@dseminar.comまでご連絡ください。
 第7回:現在を捉える 10月22日(木)、第8回:過去を解決する 11月25日(水)



-------------------------------------------
とても信頼できるビジネス仲間を紹介できます。
-------------------------------------------
テーマ:仕事の現場
ジャンル:ビジネス
本日は、9月24日(木)に開催するセミナー「脳と体の使い方」をご紹介いたします。
ご友人や仕事仲間などにもお知らせいただけると幸いです。


=========================

「確かに希望通りになったはずなのに、ちっとも嬉しくないのはなんでだろう。」
「10年後20年後、自分はどうなっていたいんだろう。」
「将来の夢はあるけど、本当になれるかなあ。」
もし、あなたのビジネスやあなたの人生にこんな考え方が不要なら、もしくは考えを
変えることができるとしたら、

実は、ちょっとしたコツで、あなたの目標が確実に加速します。
NLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)という心理学で、
天才的なパフォーマーと普通の人の違いの秘密を分析し、誰にでもできる実践的な技術で、
その秘密を解き明かします。

あの勝間和代さんの著書『起きていることはすべて正しい』で、
NLPは「成長パスを加速する」ために有効であると推薦されています。
このセミナーで「変化した」自分を体験してみませんか?


□■□■□  脳と体の使い方」セミナー ~ NLP入門その6「未来を描く」編 ~ □■□■□

内容 : あなたの経験がパワフルな自分を作る。未来を描く。そして実現する。
日時 :2009年9月24日(木)19:00~21:00
場所 :ちよだプラットフォームスクェア5F 504, 505
    東京メトロ東西線、竹橋駅下車 3b (KKRホテル東京玄関前) 出口より徒歩2分
    その他、大手町、神保町、小川町
    受講料:3,000円(当日会場でお支払いください)
お申込み:申し込みサイト http://dseminar.com/
    :メール info@dreamupdesign.co.jp(名前と連絡先を記載)
講師 :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト、認定コーチ 森田哲也、山内ケイト
定員 :20名(会場の都合で人数を制限しております)
主催 :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:メールinfo@dseminar.com  電話 050-3466-4725 (Tel/Fax共通)
その他:セミナー終了後、自由参加の懇親会があります。(3,500円くらいの予定)

本セミナーは、1回だけでも十分に楽しんで身につけられるよう、気軽に使えるテクニックを
厳選してお伝えしております。

皆様の前進のために、このセミナーが少しでもお役に立てられれば幸いです。
本格的な学びをお考えの方は、NLPコーチング(本コース講師の森田も山内もコーチです)や
NLP資格コースをお勧めします。

【次回以降の予定】次回以降の開催案内をご希望の方はinfo@dseminar.comまでご連絡ください。
 第7回:現在を捉える 10月22日(木)、第8回:過去を解決する 11月25日(水)



-------------------------------------------
とても信頼できる方を紹介できます。
-------------------------------------------
最近、メールがうまく相手に届かない例がたくさんあります。

先日もはじめて連絡をいただいた方にメールを出したのですが、返事がないので、読んでいただいたのか、それともスパムと判断されたのか、、、、今のところ分かりません。

もう一度メールは出したのですが、再度連絡を頂けると嬉しいのですが。。。。


さて、私の近況と言いますか。
2か月であと3kg体重を落としたくて、最近はよく歩くようにしています。

もしかしたら、「そんなの簡単じゃん!」って思っている方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、私にとっては、このわずかな重さも、なかなか減らすことができず苦労をしています。
なんといっても、あの「加圧トレーニング」をヘビーに1年間やり、ウォーキングも暇があればやったりしてたにもかかわらず、体重は変化しなかったという過去があります。

自分にはどういうやり方が合うのかを確かめるためにも、いろいろな分析をするための測定を考えました。
摂取カロリーや消費カロリーを計算したり、歩数をチェックしたり、体重を測ったりして。。。。。

ということで、万歩計を買いに行くことにしました。
一番近くのかなり有名な家電量販店のYへ。


さすが有名店だけあって、たくさんの種類でしかもカラフルな万歩計が、壁一面に飾ってありました。「こんなにたくさんあったら、何を選んでいいのかわからないなあ…。」と思っていたら、店員さんがすぐに寄ってきて説明をしてくれました。



私 「たくさんありすぎて良くわからないんですが、どんな違いがあるんですか?」
店員「ここらへんがオムロンで、ここらがシチズンで、ここら辺りがタニタになります。」
私 「・・・・(メーカーを言われても、どう判断すればよいの???)」

私 「それぞれメーカーの違いで、どう機能が違うんですか?」
店員「だいたいみんな同じです。」
私 「・・・・(じゃあ、何を判断すればいいんだろう???)」

店員「どこにつけて使いますか?」
私 「どこにつけてって言うのはどういうことですか?」
店員「こちら側にあるのは従来の腰につけるタイプで、こちら側にあるのがポケットに入れても測れるものです。」
私 「女性の服は、ポケットがない洋服が多いのですけど。」
店員「ポケットか首からぶら下げないと測れません。」
私 「・・・・(バックの中でもいいんじゃないのかなあ。。。)」

私 「たとえばオムロンの中で金額が違うのがいろいろあるけど、違いは?」
店員「機能が違います。こちらはとても簡単で、こっちは機能が豊富です。」
私 「簡単なのはどう簡単で、機能が豊富というのはどう豊富なの?」
店員「簡単なのは○×◆の機能があり、機能が豊富なのはPCにデータを送ることができます。」
私 「他のメーカーは?」
店員「他もほとんど同じです。」


他にもむっと来ることがたくさんあって、とてもこの場ですべてを書けません。
とにかく私は、この店員さんの会話にとっても疲れました。


なんで疲れたのか、みなさんには分かりますか?

言葉というのは、そのものを正確に表現できるわけではありません。
そして、情報を表現するときに情報の欠落が起こります。

NLPではメタモデルと言って、大きく一般化・歪曲・省略に分類ができます。
ここではそれぞれの説明は省略させてください。

その言葉の欠落が気がつかないことが多く、相手の話を素直に受け取ってしまいます。


しかしながら、今回の家電量販店Yの店員からの情報があまりにも欠落しすぎていたので、こういうときはお客は疲れてしまうんだなあと感じました。



本来ならば、お客様が店員から情報を引き出すのではなく、店員がお客様は何を求めていて、どんなことに価値を置いているのかを引き出し、そこに当てはまる商品を選択していくのではないでしょうか。

そうすると、お客様が本当に欲しいものを売ることができるでしょう。


先日、有名リゾートグループの旅館に泊まった時も、言葉の使い方に問題が多かったです。
いづれまたその話はしたいと思います。