一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 2010年04月
26695


この数字は何でしょうと聞いても、ピンとこないかもしれません。



溜まりに溜まった受信箱フォルダーだけのメールの数です。
このほかに、振り分け用のたくさんのフォルダーがあるし、使っているメールアドレスも6つあります。

それらを全部いれたら、何万通あることやら。。。
なんでこんなに溜まってしまったのでしょう。


こんなに多くても、きちんと動くのであれば、問題はありません。
でも、最近メールを見ていて、ほかのフォルダーに移動しようとする時とか、異常に遅いのです。
ひどい時になると1分ぐらい待って、やっとそのフォルダーにアクセスできるようになります。


ですから、なんとしても対処をする必要があったわけです。
とにかく整理すること。



それで、先週から必要のないメールの削除をしていますが、それが、結構削除しているのにもかかわらず、わずかしか減らないんです。

特に面倒なのがメルマガです。
読んでいないものが多いから消してしまえば、そかも解除してしまえばいいのですが、どうしても読みたいものばかり。


しかも、自分で登録していないメルマガもあるような気がしています。
こんなのなんで送られてきているんだろうって。

そういうのに限って、登録を抹消しても、まだ送られてきているんです。
こういうことまでして、そんなに読ませたいんですかねえ。


仕方がないので、ゴミ箱に著おこ直行するように設定しました。
こういうメルマガは、読みたくなるような内容もありませんから。

なんだか、自分のはどうだろうと、こういうところで反省してしまいます。



さてさて、一生懸命減らしているメールですが、これがなかなか一向に減りません。

思い切ってどこかで断ち切る必要があります。
ばさ~~っと。


こうやってメールを整理しながら思うのは、メルマガを本当に心をこめて書こうということです。
きちんと解らない間に削除もできるようにする仕組みも。




みなさんは、メールをどのようにしていますか?


テーマ:おすすめ
ジャンル:ビジネス
大吉1
大吉です!

大吉2
皆さんにおすそわけです。



先日のブログでも書きましたが、甲府の桃の花を見に行ったときに引いたものです。
場所は昇仙峡の奥の方にある金桜神社(かなざくらじんじゃ)というところです。

こんなに桜もきれいです。

金桜神社


そして、、、、
桃の花

momo

甲府は、どこに行っても桃!
桃がよく見れる名所は?と地元の人に聞いたら、みなさん「????」でした。


なぜって、どこもかしこも桃だから。


隙間があったら桃!って感じです。
本当にきれいでした。


桃の花にはちょっとした思い出があります。
私にとってこの季節は、今までにない、そしてこれからもきっとないであろう経験をした季節でもあります。

忘れてはいけないこと。



悩みは、自分の中に押し込めずに吐き出しましょう。
そのためにどうしたらよいかのお手伝いができます。



今年は、いろんなことが巡ってきますが、みんなうまくいっています。

すべてがうまくいく大吉が何と言ってもすべてを引き寄せてくれた感じがします。

この日は晴れて暖かく、桃日和の素敵な日でした。


*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
「脳と体の使い方」NLPセミナー

    ~~第13回 『会話の主導権を握る』~~
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+
行動や考え方を変えたい方必見!

実はほんのちょっとしたコツで、体や五感を使うことで、
行動や考えを変えることができます。

世界の有名な成功者たちが用いている心理学NLP(Neuro Linguistic
Programming:神経言語プログラミング)を、誰にでもできる自分を変える
実践的な技術としてお伝えしています。

あの勝間和代さんの著書『起きていることはすべて正しい』で、
NLPは「成長パスを加速する」ために有効であると推薦されています。

あなたも、脳と体の使い方のコツを知り、
パフォーマンスを変えてみませんか?


【第13回の内容】
  相手にどう言ったら解ってくれるのか? どう言ったら思った通りに
  行動してくれるのか? 
  相手をその気にさせる会話術をお伝えします。


日時  :2010年4月28日(水)19:00~21:00
場所  :ちよだプラットフォームスクェア5F 504, 505
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
受講料 :3,000円(当日会場でお支払いください)
お申込 :https://ssl.form-mailer.jp/fms/48e7e3ca73804で受け付けております。
     もしくは、info@dreamupdesign.co.jpまでメールで、
     参加日時とお名前をお知らせください。
講師  :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト、認定コーチ 
      森田哲也、山内ケイト
主催  :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:メールinfo@dreamupdesign.co.jp  
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
その他 :セミナー終了後、自由参加の懇親会があります。
     (2,000円くらいの予定)

本セミナーは他のNLP入門セミナーと違い、1回だけでも十分に楽しんで身に
つけられるようにプログラムを組んでいます。
高額のNLP資格コースの内容を、誰でも気軽に2時間で学べるように厳選し、
実生活に取り入れられるようにお伝えしています。資格コースなどへの
高額セミナーの勧誘は一切いたしておりません。

【次回以降の予定】 開催案内をご希望の方はinfo@dreamupdesign.co.jpまで。
 
    第14回:効果的なミーティングのための会話 5月27日(木)
    第15回:効果的なプレゼンテーション 6月23日(水)


テーマ:成功する為に必要な事
ジャンル:ビジネス
何をしたいのかわからない。

スガシカオの答えはこうだ。


  やりたいことがなかったら、金を貯めろ。
  本当にやりたいことが見つかった時にお金がないからあきらめるなんて、切ないじゃない。


やりたいことがない間はとりあえずいろんな選択肢を見つけて、その間にお金をためておくといいんですね。
そうすれば、いまにやりたいことが見つかり、その時にお金も少しはあると思うので、やりたいことをやることができるのです。


先週、甲府の湯村温泉 常盤ホテルに泊まってきました。
そのホテルは、皇室御用達だそうで、本当に立派な旅館です。

素晴らしい庭園を見ることができる露天風呂付き離れに泊まったのですが、その部屋からの素晴らしい眺めを見ながら、コーチングもしました。

クライアントは、その景色を眺めながら、本当に気持ち良く自分の未来をしっかりと描き、はっきりと目標を定めていました。

   「この景色を見ながらのコーチングは、本当に最高!!
    いつも良いところでやっているけど、今日は最高だった。
    今日は格段と違う結果になったけど、やっぱり場所と言うのはとても影響するね。」



お金と時間があれば、こういう素晴らしい場所にも気軽に行くことができます。
そういう機会がたくさんあれば、自分を前進させる機会も多いということです。

よく、飛行機に乗るときはエコノミーではなく、無理をしてもビジネスに乗れと言います。


ビジネスに乗れば、何かのチャンスがもしかしたらあるか知れないということですね。
お金が少しでも余分になければ、そういうこともできません。



甲府では、素晴らしい花見もできました。


桜もきれいだったのですが、桃の花が見事でした。

町中が桃の花であふれていて、本当に街がピンク色で、本当にきれいでした。
天気も良く、素晴らしい日に恵まれました。

感謝です。








最近気になることがあります。
それは、上司と部下の思っていることが食い違っていることが多いなあってことです。

ほとんどの場合、上司は部下とのコミュニケーションはうまくいってると思っています。


部下が報連想に来た時は、ちゃんとコーチングで学んだ通りに聴いているし、その後のフォローもしてる。
何も問題は起きていないから、大丈夫だ。


確かに、そうかもしれません。
大丈夫な場合もあります。



ある部下の人が、上司への報連想の後、こんな風に呟いていました。

「なんだかなあ・・・・」


どうしたのかなと思ったら、「報告の中で、言いたいことがちゃんと言えなかった。」と言うのです。


結構長い時間上司と話していたじゃないと思ったら、良く聞いてみると、結果を話したとたんに「こうすればよかったじゃないか」から始まり、その人ができなかったことを責めてはいないけど、上司が思ったようにできない奴だと思っていると思う。


そんな風に感じたそうです。

確かに、その上司はすごくできる切れ者です。



別の人の場合。

ミーティングがほとんどなく、いつもばらばらに仕事をしていて、みんなマイペースの組織。
それで、締め切りや納期の間際になって、あれはどうした、これはまだできていないのかと騒ぎだす。

この上司は、自分の部下の能力がないと思っています。



だいたいの上司は、「部下とのコミュニケーションはできています。」と自信満々で言っています。

多いパターンとしては、コミュニケーションの時間で、できているかどうかを測っている感じがします。


その他に。

上司が「これをやっておいてね」と言って、思っていた時までにきちんとできていなかったとき、「何でやってないの?言ったじゃないか」と部下に聞くだけです。


本当にきちんと言ったのでしょうか?
それが分かったと、部下に確認していますか?

「解ったと言ったから大丈夫だ」と思っているんですよね。
もちろん部下を信頼することは大切です。

ですから、確認するにも、一ひねりする必要があります。
海千山千の上司であれば、どんなふうに言うことがよいかは、わかりますよね。


ひとつの例としては、「まず、何から始めたらうまくいくと思う?」から始め、


部下がどういう状況なのかとか、部下がなぜそれをしなかったのかということをじっくり聞くことはありません。
つまり、やらない部下が悪いっていう感じです。

そして、この場合は、なぜこれをしないといけないのか、部下にこれをやるのはどういう意味があるのかを話していないんだなあと感じました。

新しい年度が始まったばかりです。
部下との会話、もう一度見直してみませんか?



心と体を元気にする、女性のための交流会 4月17日(土)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d63dc22f78006
ぜひ、参加しませんか?
次回は吉祥寺でランチ会です。