一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 2012年03月
この季節、飲み会が多いのではないでしょうか。
送別会、解散会、退職祝いなどなど。。。。

昨日開催したセミナーでも、やっぱりそういうことで出席ができない方が多く、さらにキャンセル続出でした。
そんな時期にセミナーはやらない方がいいかもしれませんね。

そうはいっても、飲み会というものは必要だと思っています。

ただ、飲み会の幹事って、いろいろと気を使って大変だなあと思うので、できるだけやりたくないな。
そう思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。


私が社会人になってすぐのときに、家でついこんな愚痴をこぼしたことがあります。

「同期の飲み会があるんだけど、行きたくないんだ。断っちゃおうかな?」

母は私に言いました。
「飲み会は、誘われたら絶対に断っちゃだめ。そして、行くと決めたら、どんなに嫌だと思ってもぜったいにキャンセルしちゃだめよ。」

私はその言葉に従い、飲み会は行きました。
結局、すごく楽しんで帰ってきました。


私の会社では新人が幹事をやるという伝統的な慣習があり、私もその伝統を受け継ぎました。


その時に思ったのは、、、
「幹事というのがこれほど大変なことだとは思わなかった。」


大学時代でもそういうことはやってはいたのですが、それとは受ける印象が違いました。

職場のメンバーに開催のお知らせをしても、みんな忙しいので、返事は返ってこないし返ってきてもほとんどが未定だし、、、、、
20人ぐらいの職場で10人出ればいい方でした。
当時はメールがなかったので、案内を回覧してもらい、一人一人聞いて回ってと、大変な作業でした。
今ほど周りに居酒屋もなく、予約も大変。

しかも、直前でキャンセル続出!!
居酒屋に連絡したばかりなのに、また変更か…


「だから、母は『誘われたら出席する。出席を決めたらキャンセルしちゃいけない。』って言ったんだ・・・・・」


今では、飲み会に誘われたら必ず参加するようにしています。
だって、私に来てほしいと誘ってくれたのだから、それは本当にありがたいこと。

もしそれを断ってしまったら、「山内さんは誘っても来ないから、誘わなくてもいいんじゃない?」ということになるのは非常に寂しいです。
私なら2~3回断られたら、次からは誘いませんからねえ。


ちなみに、私はアルコールが一滴も飲めません。

だけど、なぜ飲み会に行くのかといえば、当然お酒を飲みたいからではではなく、一緒に行った人の人柄に触れることができ、仕事もしやすくなります。
それから、普段は聞けないためになる話がたくさん聞けます。
酔っ払いのコントロールの仕方も覚えられます。
料理のレパートリーもかなり増えました。
女性だからということで、たま~~におごってもらえます。
顏を知っているだけでなく飲み会で話したということで、仕事の関係もスムーズになりました。
これって、営業にはかなり必要なことですね。
いいことづくめです。

おかげさまで、私はとっても聞き上手になった気がしていますし、他部署との連携の仕事などで困ったことはありません。
知らない人でも、うまく付き合うことができるようになりました。
学生時代の私はとっても人見知りだったのですから。

それと、重要だと思っていることが他に一つ。
飲み会に参加する意義というか、「自分にはこれが必要だから参加する」というような目的とその理由をはっきりさせることは、揺らぎのない自分の行動に繋がっていくのだと思います。
揺らぎのない行動は、その後の信用に繋がります。
この信用というのは、仕事にとっても人生にとっても、非常に大事なものになってくると思っています。

おかげさまで、付き合いが広がることで、今では仕事の紹介もたくさんしてもらっています。


昨日開催したセミナーはドタキャン続出でしたが、参加者が申し込みの半分以下になるというのは、いくら理由が「仕方のないこと」ではあっても、かなりショックです。
今度は、「代理参加をお願いします」って書こうかな?
それと、なぜこのセミナーを受けたいのかを申し込み時に書いてもらうとか。。。。

主催者側に立ってみて、本当にこの気持ちがよくわかるようになったからかもしれません。




☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆

 筆跡セミナー「文字力で人生を変える<恋愛編>」 2012年4月21日(土)

☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★☆☆☆☆

  まるで占いのように良く当たる!
  いやそれ以上だ!!

という噂の筆跡セミナーが、とうとうやってきます!!!


あなたがよく見ている占いは、本当に当たっていますか?
もっと自分のことが分かるようになりたくありませんか?
さらに、自分の弱点を見つけて良い方に変えていきたいと思いませんか?
もしくは、自分の強みをもっと生かしたいと思いませんか?

この先、今のままというのは、本当にあなたにとって幸せですか?


とにかく「本当の自分を知りたい」、「自分の強み、弱みを見つけたい」、
そして「今の自分を変えたい」「自分をどう生かしたらいいか分からない」と
いう方のための筆跡セミナーです。

筆跡でいろんなことが分かります。
さらに筆跡で、自分の未来を変えていくことができます。


なんと、講師は日本筆跡心理協会で理事をされている菊池先生です。
先生の診断は、心理学もきちんと学んでいらっしゃるので的確で、
分かりやすく、とても丁寧です。


そんな菊池先生から教えていただけるのは、ドリームアップアカデミーだけ。


席数は、わずか限定20席です。
もうすでに情報公開前から、「ぜひ参加したい」という方で
席が埋まっています。

そして、これ以上増やすことは絶対にありません。

3時間半の間に全員の方に十分満足していただくため、
また、先生が一人一人に説明する時間が必要です。
本当はそれでも時間が足りません。

無理を言ってお願いした“最大限の席数”ですので、お早めにどうぞ。


日時  :2012年4月21日(土)14:00~17:30 
場所  :ちよだプラットフォームスクェア4F 401
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
     
受講料 :7,000円(指定口座にお振込み)
お申込 :ドリームアップアカデミーのホームページで受け付け中。
定員  :20名
講師  :日本筆跡心理学協会 理事 菊地 克仁 先生
主催  :ドリームアップデザイン株式会社
お問合せ:セミナー事務局 ドリームアップデザイン株式会社
     メールinfo@dreamupdesign.co.jp  
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
懇親会 :場所と金額は参加者の方へ追ってご連絡いたします。
     セミナーお申し込みと同時にお申し込みください。
     お一人で参加の方も、安心して楽しむことができます。
     菊地先生はとっても優しく、セミナーで聞けなかったお話を
     いろいろとお話ししてくださる予定です。
いわゆる草食系というか、優しくて押しの弱いエンジニアがいました。
(過去形ですが、今でもエンジニアを元気にやっています。)


彼の見た目はちょっとオタク系でスリムな体型で小柄なので、傍から見てると
「この担当は大丈夫かな」と思わせる所があります。

残念ながら優しいことが災いして、社内の重要な会合に出ると、大変な役回りを
押し付けられたり、開発要件の追加推進の旗振りを、本来なら開発部門が担当する
はずなのに担当を任されたりしています。

きっと、もっと気持ちが強くなれば担当しないか、もしくは担当になったとしても
他のメンバーにいろんなことを任せるように動くことができるのではと思います。

本人も本人なりに強く言ったりしているようですが、うまくいかないようです。

そんなエンジニアに、ただ「もっと積極的に」とか、「強く言ったら?」とか
アドバイスしてもなかなかうまくいきません。

本人は頑張っているのですから。


私の昔のボスはとても優しく話す人で、決して「ああしろ、こうしろ」と言うのを聞いたことがありません。

そして、いつの間にか部下をうまく動かしていました。

その手法は、こんな感じです。

相手がその方向にしか動けないように、「あの人はXXだから、こうした方がいいよね。
XXXはこういう考えでやるのが理想だよね。お客様が望んでいることだし。
それで、XXXはこうだから、いつまでにXXXをやってもらえると助かるなあ。」
というのを、ニコニコしながら優しく言うのです。

後から考えると、その言葉にがんじがらめになっている自分を発見したりします。
でも、それはそのボスの勝ちです。

そんな風に、何かうまい言葉を使うことで相手を動かすことができるってことを、
草食系のエンジニアに話してみました。

「XXさんは、誰もが思うと思うけど、気持ちがとっても優しいよね。
それで、私の昔のボスはものすごく優しいんだけど、人を動かす話し方をするのがとっても上手くて、
命令が優しさに包まれているので、誰も嫌な感じで受け取ったことがないんだよね。
XXさんもそれを身に着けたら、きっと回りもすごく変わると思うよ。
XXさんにとってものすごい武器になると思う。」

そうすると、「そうですねえ。やってみます!」と力強い言葉が返ってきました。
ちょっとびっくりするほど力強かったのを覚えています。


その後、そのエンジニアはその優しさをうまく使って、だんだん相手を動かすことができるように
なってきました。

その成果も出てきて、もちろん、上司も一目置くようになっています。


相手を動かすようにするには、仕組みは単純です。
Yesセットと自己重要感とあいまいな言葉を組み合わせて使います。

例えば、

「この資料はお客様から受領したものだから、これを基にして考える必要があるよね?」
→「はい」

ここで「いいえ」と言う返事をすることはありません。
このように、返事が「はい」となるような質問を積み重ねていきます。
これがYseセットです。

「XXさんは、少しはこの資料の内容を知っているよね?もちろんかじった程度でいいんだけど。」
→「(この前ちょっと話を聞いた程度だけど・・・・)はい」

「XXさんは、時間的にこれを読むくらいの余裕はあるよね?20ページぐらいだし。
最初の数ページは概要だから特に何もないと思うんだ。」
→「はい」(20ページよりあると思うけど・・・・ま、いいか最初のほうは何もないらしいから・・・)


「ほかの人は別のことを担当してもらうので、ちょっとこれを読んで、分かるところだけでいいので、
問題点をまとめておいてくれない?XXさんはそういうまとめがみんなより上手いから。」

→「(うまいかなあ??? そう言われちゃしょうがない)はい」

まとめが上手いと言われちゃあ、半端なものを出すことはできないから、
Xxさんは一生懸命に良いものを作ろうとしますね。

これは例えばなので、誰にでもあてはまるわけではありません。
でも、ポイントはどんな場合でも同じです。

・相手の返事がYesになるような質問をする。
・相手の自己重要感(褒める、認める)を高める話をする。
・あいまいな表現をする。
  例:他の人、みんな、~くらい、かじった程度、少しは、余裕、分かるところだけ、数ページ

あいまいな表現とは、例えば「他の人」と言われれば、その部署に所属しているメンバー全員なのか
それとも一人でもいいのか、この表現だけではわかりません。
数ページだって、1ページなのか5~6ページなのか、人によって使い方はマチマチです。

このように、「これ」と特定できない表現を使うということです。


ただし、もともと信頼関係がない相手には、何をしても通じません。
まずは、信頼関係を築くところから始めましょう。


これをニコニコしながら優しく言われたら、なかなか反論もしにくいものです。
でも、事務的に言われたり、高圧的に言われたら、私なら心の中で「え~~~、また?いやんなっちゃうなあ」
と反発しているでしょう。

ですので、優しく言う技術を持っている人にとっては、とても速く身に着けられる
のではないかと思っています。
ほんの少し読んだだけなのに、涙が出てきました。


心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る



長谷部誠さんをご存知の方も多いと思います。
私は有名なプロサッカー選手ということぐらいしかわかりませんでしたが、この肩の経歴を少しだけご紹介します。


静岡県藤枝市出身。3歳でにサッカーを始める。
高2年の終わり頃からレギュラーとしてプレー。
U-18日本代表候補への選出、全国総体準優勝。
高校卒業後浦和レッズ入団。
2003年にトップ下やボランチの選手として活躍。
2004年はナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出。
2005年末に初めて日本代表に選出されたが、2006年のワールドカップの代表メンバーからは漏れてしまう。
2007年12月に代表監督に再任した岡田武史に選ばれるまでは日本代表から遠ざかっていた。
2008年ドイツのヴォルフスブルクに移籍。
2010年FIFAワールドカップの日本代表メンバー、キャプテンに指名されベスト16入りに貢献。



なぜ、最初に経歴を紹介したかというと、最初からずば抜けたスター選手ではなかったのに、なぜ彼が見いだされ日本代表のキャプテンにまでなったのかということを知ってもらいたかったからです。

もちろん、これだけの経歴を見ると、すごいなあ!と思います。
ただ、スター選手ではなかったのだそうです。


そして、彼は自分を鍛える方法、もっと上のステージに行く方法として「心を整える」ことをすることにより、手に入れてきたと言っています。

その方法は、本の帯にも「誰もが実践できるメンタル術!」とあるように、本当に単純なことがたくさん書かれています。
そういうことを一つ一つ実践することで、強い心が出来上がってきたのだと思います。


実際、彼が高校時代には「能力は高いもののフィジカルが弱すぎる」と評価されていたのだそう。


もともとサッカーの能力があるから、自分とは違うんだと思ってしまうのは簡単ですが、能力があったとしても「心」というものがどんなに重要な部分を新手ているのかという事なのです。
それによって、おそらく技術も向上していく。

たぶん長谷部選手も「自分には参考にならない」と思う人にこそ読んでもらいたい本なのではないかなと思いました。





その方法が、この本の中には、淡々と描かれています。
ちなみに、NLPを学んだ人にはとっても参考になるのではないかと。




テーマ:おすすめ
ジャンル:ビジネス
3月28日(水)にいつものセミナーがあります。
今回もこじんまりと楽しくやりますので、興味があれば、ぜひいらしてください。
今回は、コースでは教わらないワークですが、ほんのちょっとしたことで感じる
ワークで効果のある体験ができます。

============================================================
「脳と体の使い方」NLPセミナー 2012年3月28日(水)  
    ~~第35回 『場を作る』~~
============================================================
人間心理を知って、うまくパフォーマンスをアップしましょう。


【第35回の内容】『場を作る』
    笑顔を忘れずに、話し方も気をつけているのに、なぜか相手との
    距離を感じる。
    なんとなく、この場にいてはいけないような気がした。
    別にそういう状況ではないはずなのに、そう感じることは多いはず。
    そんな自分をうまく開放する方法をお伝えします。

日時  :2012年3月28日(水)19:00~21:00
場所  :ちよだプラットフォームスクェア5F 504, 505
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
     
受講料 :3,000円(当日会場でお支払いください)
お申込 :こちらのサイトで受け付け中。
     もしくは、info@dreamupdesign.co.jpまでメールで、
     参加日時とお名前をお知らせください。
講師  :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト、認定コーチ 
      森田哲也、山内ケイト
主催  :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:メールinfo@dreamupdesign.co.jp  
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
その他 :セミナー終了後、自由参加の懇親会があります。

本セミナーは他のNLP入門セミナーと違い、1回だけでも十分に楽しんで身に
つけられるようにプログラムを組んでいます。
高額のNLP資格コースの内容を、誰でも気軽に2時間で学べるように厳選し、
実生活に取り入れられるようにお伝えしています。
10人前後の少人数の参加者ですので、安心して参加できます。
また、資格コースなどへの高額セミナーの勧誘は一切いたしておりません。
テーマ:お知らせ
ジャンル:ビジネス