一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 渡邉美樹会長は、人を泣かせるのがうまい!
初めから涙がどば~~~っと。


10~11日はジーニアスブレインのニューイヤートレーニングに参加してきました。

「カリスマ教師」の原田隆史さん、「居酒屋てっぺん」の大嶋啓介さん、そして「和民の会長」渡邉美樹さんのお話が聞けるとあって、参加できるのをとっても楽しみにしていました。

そして、やっぱり!!!!
3人を間近で見れて良かった!!

素晴らしい2日間でした。


今日はとにかく渡邉美樹会長のお話を。


渡邉美樹会長がなぜ事業に成功したかという3つのポイントを挙げてていました。
1.夢に日付を入れた
2.すべての事業に素人でいた
3.運がよかった

ほとんどが運だっただろうということでしたが、本当は決してそうではなく、きちんとした原則論に則り、それをもとに施行し実行していくことで、きちんと結果が出ているのだということがお話を通じて分かりました。

そして、今の姿からは想像もできないくらいの苦しい経験をされ、普通の人にはできない物凄い努力をされていました。
その経験から、今があるのだと思います。

更にすごいのは、カンボジアとネパールに併せて100校を超える学校を作り、現地の子供たちに勉強ができる場を提供しています。それと、孤児院も作っています。

こちらにそのサイト「スクールエイドジャパン」があります。

そんなこともしていたとは知らなかったのですが、テレビに講演に忙しい会長の講演料はすべてこの学校づくりのために使われるそうです。



夢を実現させるには、きちんといつそれをかなえるのかを決めること。
そうすれば、自然に目標に向かって自分が動き出します。

ただ、人間はずぼらなので、それが難しいと思う人がたくさんです。
そういう場合には、原田式の夢をかなえる方法がよいかも。
それと、コーチもね。

さて、今日は1日の反省会と、お風呂かな?






脳と体の使い方NLPセミナー

セミナーのご案内

実はほんのちょっとしたコツで、また考え方を変えることで、あなたのコミュニケーションや行動が変わり、さらにあなたの人生が豊かなのもに変化していきます。

このセミナーは、NLP(Neuro Linguistic Programming:神経言語プログラミング)という天才的なパフォーマーと普通の人の違いの秘密を分析した心理学で、世界の有名な成功者たちがこのNLPを用いているものを、誰にでもできる自分を変える実践的な技術としてお伝えしています。

あの勝間和代さんの著書『起きていることはすべて正しい』で、NLPは「成長パスを加速する」ために有効であると推薦されています。
あなたも、心理学を応用した「脳と体の使い方」のコツを知ってみませんか?


~NLP入門 その10 『必要な“もの”を発見する』 編~

【第10回の内容】
リーダーとしてきちんと考えなければいけないことはどのようなことか、自分に足りないことはどういう考えなのかを発見し、見つめなおして、自分のものにしていく。



日時  :2010年1月28日(木)19:00~21:00
場所  :ちよだプラットフォームスクェア5F 504, 505
     東京メトロ東西線、竹橋駅 3b出口より徒歩2分
受講料 :3,000円(当日会場でお支払いください)
お申込 :ドリームアップアカデミーのサイトで受け付けております。
     もしくは、info@dreamupdesign.co.jpまでメールで、
     「参加日時」と「お名前」をお知らせください。
講師  :米国NLP協会認定トレーナーアソシエイト、
     認定コーチ 森田哲也、山内ケイト
主催  :ドリームアップデザイン株式会社、有限会社アイム 共催
お問合せ:メールinfo@dreamupdesign.co.jp
     電話 050-3488-4725 (Tel/Fax共通)
その他 :セミナー終了後、自由参加の懇親会があります。
       (3,000円くらいの予定)


本セミナーは他のNLP入門セミナーと違い、1回だけでも十分に楽しんで身につけられるようにプログラムを組み、トレーニングをきちんと積んだ資格のあるトレーナーがお伝えしています。
高額のNLP資格コースの内容を、誰でも気軽に2時間で学べるように厳選し、実生活に取り入れられるようにお伝えしています。資格コースなどへの高額セミナーの勧誘は一切いたしておりません。

【次回以降の予定】 開催案内をご希望の方はinfo@dreamupdesign.co.jpまで。
第11回:苦手意識を変える 2月24日(水)、 第12回: 未来からのエネルギーを受け取る 3月25日(木)、 
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック