一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン やはり、本気にならなきゃ変わらない!
コーチングをやっても変わらないという方へ


変わらない方はとても多いです。

もちろん、コーチングをしている間は、「やりたい」「やろう」と意識を変えるわけです。
そして、コーチとも約束しますので、当然それを実行したいと思うわけです。

単に1回やるだけならできると思いますが、それをずっと続けていくという場合、もしくは、大きな線を踏み越えて大きくジャンプするようなことを活動する場合、一体どれだけの人が実行できたのだろうかと思うと、コーチの私が言うのもなんですけど、30%もいたらすごいのではないかと思います。


ずっと続けていくことと言うのは物凄くパワーが必要です。
もちろん大きくジャンプするにもそれだけパワーが必要です。

人間はすぐに変われません。
顕在意識では変わりたいと思っているのですが、潜在意識が変わっていないからです。



人間は、どうしても楽な方へとなびいていきます。
そう仕組まれています。

ですが、学びたい、成長したいという風にも仕組まれています。

この相容れない作用に縛られて、人は悩むんですね。


そして、実行しなくても、十分満足できる生活をしている場合は、それで終わります。
結局またやらなかったね~って。
自分は、いつも三日坊主だなあとか、、、自己嫌悪に陥るわけです。


でも、一瞬だけ。
それによって多大な不利益を被っていないから。


実際にはそれで良いのではと思うこともあります。

しかしながら、だいたいの場合は、後から『あの時ああやっていればよかったなあ』と悔やむんですね。
ほとんどの場合がそうです。

分かっているけど、なかなかできません。


変わるということはそれだけのパワーが必要なのですから。



先日のコーチングセッションで、クライアントさんが葛藤していました。


  「この仕事はお金がよいので手放したくないんだけど、担当者とはもう口もききたくないほど
   嫌な思いをしているから、どうしたらよいのか迷っているんです。」


普通のコーチングでは、仕方がなく続けるか、思いきって辞めるかだと思います。


これに対して、第3の方法があるんです。
もちろん、クライアントさんの大きな気付きがそこにはあるわけです。

そして、本当に何とかしたい。
このご時世なので、仕事は手放したくない。
必死な思いもあるのです。


山内は、その気付きをもたらすコーチングを実施しています。
NLPの手法を取り入れて、潜在意識からの気付きをもたらします。

そのクライアントさんからは、本当に良い気付きを得られたと、会うたびにお礼を言われます。
とっても嬉しい言葉です。
何よりもうれしいです。

潜在意識で自分を変えてみませんか?
関連記事
テーマ:コーチング
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック