一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 上司の気になること
最近気になることがあります。
それは、上司と部下の思っていることが食い違っていることが多いなあってことです。

ほとんどの場合、上司は部下とのコミュニケーションはうまくいってると思っています。


部下が報連想に来た時は、ちゃんとコーチングで学んだ通りに聴いているし、その後のフォローもしてる。
何も問題は起きていないから、大丈夫だ。


確かに、そうかもしれません。
大丈夫な場合もあります。



ある部下の人が、上司への報連想の後、こんな風に呟いていました。

「なんだかなあ・・・・」


どうしたのかなと思ったら、「報告の中で、言いたいことがちゃんと言えなかった。」と言うのです。


結構長い時間上司と話していたじゃないと思ったら、良く聞いてみると、結果を話したとたんに「こうすればよかったじゃないか」から始まり、その人ができなかったことを責めてはいないけど、上司が思ったようにできない奴だと思っていると思う。


そんな風に感じたそうです。

確かに、その上司はすごくできる切れ者です。



別の人の場合。

ミーティングがほとんどなく、いつもばらばらに仕事をしていて、みんなマイペースの組織。
それで、締め切りや納期の間際になって、あれはどうした、これはまだできていないのかと騒ぎだす。

この上司は、自分の部下の能力がないと思っています。



だいたいの上司は、「部下とのコミュニケーションはできています。」と自信満々で言っています。

多いパターンとしては、コミュニケーションの時間で、できているかどうかを測っている感じがします。


その他に。

上司が「これをやっておいてね」と言って、思っていた時までにきちんとできていなかったとき、「何でやってないの?言ったじゃないか」と部下に聞くだけです。


本当にきちんと言ったのでしょうか?
それが分かったと、部下に確認していますか?

「解ったと言ったから大丈夫だ」と思っているんですよね。
もちろん部下を信頼することは大切です。

ですから、確認するにも、一ひねりする必要があります。
海千山千の上司であれば、どんなふうに言うことがよいかは、わかりますよね。


ひとつの例としては、「まず、何から始めたらうまくいくと思う?」から始め、


部下がどういう状況なのかとか、部下がなぜそれをしなかったのかということをじっくり聞くことはありません。
つまり、やらない部下が悪いっていう感じです。

そして、この場合は、なぜこれをしないといけないのか、部下にこれをやるのはどういう意味があるのかを話していないんだなあと感じました。

新しい年度が始まったばかりです。
部下との会話、もう一度見直してみませんか?



心と体を元気にする、女性のための交流会 4月17日(土)
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d63dc22f78006
ぜひ、参加しませんか?
次回は吉祥寺でランチ会です。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック