一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 約束をすっぽかしてごめんなさい
どんな理由はあるにせよ、約束を反故にしたことは間違いない。

相手は、この日のためにどれだけの神経を使い、どれだけの労力をかけて準備していたのか、そしてその時間をどのようにするのかに心を砕いていたのか、そのことを考えるだけでも、本当に悪いことをしたと思っている。

自分が相手の立場なら、やはり、評価を下げてしまうかもしれないから。
それは今までの付き合い方もあるでしょうけど。


用事については、本当に「絶対に断れないことだったのか?」と聞かれれば、実は後から考えるとそうではないのです。
「絶対にこれはむりだから」と言えば何とか延期はできたのだろうと思います。
相手だって、急の用だから、断られるくらいの覚悟はできていたはず。


なのに、なぜそこで立ち止まって、よくよく考えられなかったのか。
なぜ、ついつい「まっ、いいかな」と考えてしまったのか。


一瞬の気の緩みが、後悔を生んでしまいました。


優先順位を付けることは常に考える必要はあるのですが、付け間違いをしたことによる代償は大きなものがあります。

これからは、心してかかろうと思います。


関連記事
テーマ:おすすめ
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック