一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン あなたは直球勝負ができますか?
これは、自分への問いでもあります。
一生問い続ける必要があるとも思います。


今日は、真っ向からの直球勝負に出会いました。


そして、感服です。



伊豆高原の温泉旅館に泊まっているのですが、そこの夕食でのことです。


やはり、すばらしい旅館には必ずある『献立表』。
じっくり見ていました。


最初に、「山内様」と名前まで書かれていて、これもあるじの心遣いです。



本当に見た目にはもちろん、味も素晴らしく、手の込んだお料理が次々と運ばれてきて、もうお腹いっぱいというところで、ご飯の登場です。


私は、そこに料理人の自信を見ることができました。


献立表には、“白飯”と書かれているのです。


いままで、白飯というのはあんまり見たことがありません。

たとえあったとしても、上にゆかりが乗っていたり、たくさんの漬物やら昆布やシラス、梅干しなど、ご飯のお供になるようなものがたくさん一緒についてきていました。

でも、献立表には、白飯、漬物と赤だしのなめこ汁だけです。



やってきたのは、白くつややかなご飯でした。


口に入れると、、、、、



何とも言えず、ご飯の甘さと香りが口に広がり、ちょうど良い柔らかさが心地よく、それはそれはさすが職人技!!!としか言えない素晴らしい味のご飯でした。


漬物もありましたが、お味噌汁も手を付けず、ご飯だけを1杯。

もう、なかなかこの味のご飯を食べることはできないと思いました。


苦しいくらいお腹が張っているのにもかかわらず、お代わりを・・・・・



献立に“白飯”と書くくらい、本当に自慢の白飯なのでしょう。

板さんの真っ向勝負。
いただきました!!!


わたしは、こうやって真っ向勝負をいつも挑んでいるのだろうか?
そんなことを温泉につかりながら考えています。



常に真っ向勝負でいきたいです。













関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック