一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン 元気を吸い取るドリームキラーは
今日、"イキイキ"は私をウキウキにさせてくれました。


イキイキは皆さんにとってどんなものでしょうか?




イキイキがなくなってしまうのも、復活し増えていくのも、
何かの要因があってそうなってしまうものです。



昨日、たまたま勝間勝代さんのビデオを見ました。

“自分コーチング手帳”

私はかつまーではないのですが、コーチングという言葉に釣られて見てしまったのです。


ここで言いたいのは、この手帳が素晴らしいという事ではありません。
勝間さんがビデオで話していた一部の内容を取り上げたいからです。


それは、、、、


ドリームキラー



夢の実現を妨げる人たちのことです。



人のやる気、夢、、、そういうものを否定する。

どうしてそんなことをするのかというと、


周りの人は、頑張るあなたが不愉快なのだそうです。


それは、自分も頑張らなくてはいけないという強迫観念を抱いたり、
頑張っていない自分が責められている感じがするから。


それから、もうひとつ。


「頼んでもないのに、人の意見をダメ出しする人」


例えば、「私、こういうことをビジネスとしてやってみたい。」
という人がいたとします。


まあ、確かに無謀なこともありますが、そうではないこともたくさんあります。
ここでは、無謀なことではない話をしたいと思います。


その、ビジネスの話を聞いて、


「そんなの無理だよ」

とか、

「ちゃんと事業計画書を書かなくちゃ」


とか言って、相手のダメさ加減をいっぱいにさせてしまう人、いませんか?



こういう人は、

「自分の意見を表現したい」とか、

「相手のためを思って」というのもありますが、、、、



   自分はそういうことをよく知っているスゴイ人間だ!


ということをひけらかしたい人や、


   キラキラした相手がうらやましい!


と思う嫉妬心がある人


だという事です。



未来に続く線は、過去から今現在を結ぶ線の延長上にあるわけではありません。


そして、その人が同じようなことをしてきて失敗したわけでもないでしょう。
なのに、なぜ、ダメだということが分かるのでしょう?


未来がどうなるかなんて、予測できませんし、これからどんな人とかかわって、どんなふうに進化していくのかは、その人がイキイキワクワクしているから引き寄せるのだと思います。



勝間さんの自分コーチングでは、

「自分の夢を応援してくれる人といつも付き合えるような仕組み」を考えています。


もちろん、厳しいことを自分に言ってくれる人も大切です。


応援してくれる人はもっと大切だなあと、心から思うのです。
そういう人は、なかなかいないからです。


今日のコーチングで、本当にイキイキした方に出会えました。
そして、そのイキイキが私のモチベーションUPにつながりました。


イキイキの思いをいつまでも応援したいなと思います!!

関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック