一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン いくつになっても褒められればうれしい!!!
NHK教育テレビの「わくわく授業スペシャル『わたしのすきながっこう』」で思わず感動してしまった。


こうやって、たくさんたくさん、しかも思いっきり褒められた子供は、きっと自分の実力が発揮できるものを見つけ、そして目標を見つけて、楽しいわくわくする未来へ向かっていくんだなあ。

褒めることのすばらしさと、どう褒めたらよいかの方法が分かるすてきな番組でした。


そして、私の周りを見渡すと、、、、、


褒める気配などぜんぜんない、殺伐とした世界なのです。
ピリッと緊張感のある雰囲気といえば聞こえはいいが、それではできるものもできなくなるだろうと思うのです。


年を取ったら、なかなか記憶するということがうまくできないし、ましてや初めて接する分野のことなんて、すぐに分かるはずもない。

そして、そんな人たちを容赦なく切り捨てていく。


彼らは、とってもやる気がある。
だから、とっても熱心に勉強している。

そして、初めてのこともやりこなそうとしている。

真摯に、直向に格闘している。


彼らだって、好きでこんなことを覚えようとしているわけではない。
それは彼らも分かっている。
だから必死なのだ。


私の目から見れば、彼らの進歩は目覚しい。
そして、褒めたたえたいと思う。

明日からきちんと口に出して言おう。
本当のことだから。


みんな自己重要感を満たされたいのだから。

関連記事
テーマ:こいつは使えるぞ
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック