一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン Aの強い人
今日会った友人は、まさしくAの強い人であったのです。

Aが強い、、、、、、



NLPで表象システム(代表システムとも言う)のことになります。

A:Auditryつまり聴覚が強いのです。


「その場面を映像にするとどんなイメージですか?」という質問の答えが、「○○さんが『おめでとうございます』と言ってくれている。」なのです。

映像を聞いたのに、人が発した言葉を話すのです。


さて、この友人には何が起きたと思いますか?



こんなことだったのです。


映像では思い浮かぶんだけど、それと同時に、映像の相手の言葉が聞こえて、それが答えになった。


それから、「人が言った言葉を一字一句よく覚えている」とか、「あの人の声がいいなあ」と声に反応してしまったり。。。。。

だからといって、これが悪いわけではありません。
得意な部分があって、これが優位に働くのです。

この優位性によって、行動パターンも変わります。






私は映像が得意です。


関連記事
テーマ:こいつは使えるぞ
ジャンル:ビジネス
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック