一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン
あなたの周りにいるこんな人と、どんな話ができると思いますか?


いつも会うので挨拶するんだけど、無視される。
いつもいつも無視されるので、そんな人とは話したくないと思っている。

そんな状態のところで、ある日突然、親しそうに「話してもいい?」と話しかけてきたら?



きっと、『そんな人と話したくないなあ』と思う方が多いと思います。



コアトランスフォーメーションでは、「取りたくないのにどうしてもやってしまう行動」を引き起こすパートの存在が自分の中にあり、このパートに語りかけることをしていきます。


よく聞かれるのは、「パートが何も話しかけてくれません」というものです。



パートは、私たちに良く話しかけてくれていました。
でも、私たちはそれに気が付かず、長い開いた無視をしていました。


そんな状態でいきなり話しかけるものですから、拗ねているんです。

「お前なんかとはなしてやるものか」と。



ですから、根気よく「君と話したいんだ。今まで無視してごめんね。」と語りかけてあげる必要があるわけです。


話してもらえるまでゆっくり待ってください。
きっと、きっと、素晴らしい会話が待っています。


テーマ:楽しく生きる
ジャンル:ライフ
コーチの皆様、お疲れ様でした!!!



毎年、この時期にあるコアトランスフォーメーションのアシスタントとしてのコーチが数名、セミナーをサポートします。

それで、ベーシック3日間、アドバンス3日間が今日で終了しました。
いろいろとあったけど、楽しいセミナーでした。


コアトランスフォーメーションは、自分のやりたくない行動を変容させます。

これだけだと普通のセラピーと同じですが、普通のセラピーの場合は原体験に遡って、追体験をして、それを癒して戻ってくるという過程になります。
しかし、コアトランスフォーメーションは、原体験に遡ることなく自分を変容させることができます。
これが一番の良いところです。

なぜって、本当に手に入れたかったものをどんどん聞いていくだけだからです。


原因が分からないけど、なぜかこんな行動を賭てしまう自分を変えたい!! とか、
他のセラピーでは辛かったという場合、おすすめです。



最後にタマラとのツーショット!
タマラと

参加者の皆さんもとっても良い体験ができたということでしたので、本当に良かった!
また来年もお手伝いができればなあ。。。



ベテランになると、どこにいてもできるのですが、、、


最初のころは、なかなか意識が自分の中に入れることが少ないと思います。
ですので、そういうことがスムーズに行えるように、環境を整えることも必要かと思います。

例えば、ゆったりと座れる椅子とか、静かな環境は、丁寧に集中していくために必要と思います。







テレビやラジオは消して、、、

音楽も気になる人はやめたほうが良いかも。
環境音楽は自分がゆったりした気持ちになれるというのであれば、いいかもしれません。

外の音はどうしようもないので、あまり騒がしい音が入らないところがいいですね。


いろんな音が聞こえるなら、その音を楽しむという手もあります。
どんなふうに自分に聞こえるのか聞いてみたら、どんな感じになるでしょう?




匂い


私は使いませんが、リラックスできるアロマがある場合は使ってみてもいいと思います。

リラックスには、、、
 ラベンダー
 ベルガモット
 カモミール

などが良いようです。




室温


やっぱり快適な温度設定をされた方が良いですね。

夏の暑いとき、冬の寒いとき、最初は我慢できるかもしれませんが、だんだん気になってきたりするかもしれません。

エアコンなどを適度に使ってください。
ただ、湿度にも気を付けて。



椅子

ゆったり座れる椅子偽いかもしれません。
座っていて、体制が辛いと思うようであれば、途中で気になってしまいます。

ですのでソファーだからゆったり座れるとかではなく、長時間ゆったり座っていられるという事も考慮してください。


モダリティ modality


心理学用語で様相:視覚・触覚などそれぞれの感覚器による感覚のこと


モダリティの表象(代表)システム(representation system)

 視覚 Visual :映像、光景、イメージ
 聴覚 Auditory :音(騒音、声、音楽など)
 触運動覚 Kinesthetics :感覚、感じ
 臭覚 Olfactory :におい
 味覚 Gustatory :味


VAKOGという形で書かれていることが多い。
すべての行動には、肯定的意図がある。


これがコア・トランスフォーメーションの前提にあるものです。
どういう意味かというと、、、


たとえば、「どうしても部屋を散らかしてしまう」という癖があったとします。
そこらじゅうにいろんなものが散らかっていて、なかなか片づけられない。


それは、悪いことのように思われますが、「すべての行動には肯定的意図がある」という観点から考えると、部屋を散らかしてしまうという行動は、無意識に何かのためを思ってしてやっている。」という事なのです。

何か、自分のためになるような理由、、、たとえば、「安全」とか。
普通は、そんな理由はないだろうと思っても、それは無意識が思ったことだから。


意識的ではないので、すぐにはどういう意味があってこのような行動をとっているのかわかりません。

ただ、自分のためを思ってとっている行動だという事なのです。
けっして、ポジティブシンキングではありません。


そして、これをどんどん掘り下げていきます。


そうすると、、、、


自分の中のコアの部分で感じているコアステートというものにたどり着きます。


このコアステートにたどり着くと、なんとも言えない、本当に気持ちの良い、今までに味わったことのない世界にたどり着きます。

「私はこれが欲しかったんだ」

「これさえあれば、何もいらない」

そんな気持ちになります。



実際にコアステートにたどり着いたあとの私の日常での感情は、本当に穏やかなものに変わっていきました。

ちなみに、コアステートは「愛」です。


あの道場ジェシカさんもコアトラを自分でやっています

自分でやるのもいいですが、最初は難しいと思いますので、誰かに質問を言ってもらって、自分から出てきた言葉を書き留めてもらうのが一番良いと思います。



みなさんのコアステートへの旅のお手伝いをしていますので、いつでもご連絡ください。


ちなみに、アメリカからコアトラの創始者であるタマラ・アンドレアスさんが来日し、7月23日からセミナーが開催されます。



テーマ:おすすめ
ジャンル:ビジネス