街おこしのヒント・スターバックスとのコラボレーションで伝統を活かす

公務員面接でやりたい仕事のヒントが欲しい方のための情報です。
今回はまちおこしのヒントになるのではと思い、取り上げてみました。

皆さんは、スターバックスがどのような会社かご存知と思いますが、知らない方のためにお話ししますと、アメリカ資本でコーヒーストアの経営、およびコーヒー及び関連商品の販売をしている会社です。

ここのコーヒーは少し高めですが、いろいろな種類のドリンクがあったり、軽い食事やスイーツもあったりして、とっても人気がありますね。

しかし、スターバックスがこのような事業をやっていたのは知りませんでした。
日本各地の産業や素材を取り入れた商品を、地元だけで販売するという「JIMOTO made Series」です。

まずは、このサイトをご覧いただきたいです。
JIMOTO made Series|スターバックス コーヒー ジャパン (starbucks.co.jp)

私は、江戸切子のグリーンのアイスグラスがとっても気に入りました。
お値段が高めで、3万5千円。

伝統工芸の職人が一つ一つ手作りで仕上げているものなので、普通の江戸切子のグラスと比べても、このくらいの値段は当然なのですが、やはりなかなか手が出にくいです。

他の地方でもいろいろなコラボを展開しています。
コーヒーがいただけるカップが多いのですが、これを集めるというのもよいかもしれません。

江戸切子以外は割とリーズナブルだと思いましたが、どうでしょうか。

欲しいなと思ってもオンラインで買えず、地元の販売しているお店に出向く必要があります。
この方法だと、スタバファンが地元に行って購入するっていう図式ですね。
もしくは、地元に帰省した時や旅行した時に購入するとか。

オンラインではなく、地元でしか購入ができないのは、希少価値がありますね。
その地方の観光の目玉としても良いアイデアだなと思いました。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。