強みがないと思っていても、コツコツ頑張っている人に出ている線とは

転職や今後のキャリアなどのご相談で、ご自身の強みが良くわからないという方がいます。何か役職をやっているわけでもなく、特別な技術があるわけでもないので、強みが分からないというか、強みがないというのです。

本当は、皆さんちゃんとした強みを持っているんですよ。
話を聞いていくと、きちんと出てきます。
それも、とてもとても素敵な強みが。

一つ言えるのは、このように私に相談してくださる方は、普段から真面目でコツコツ努力をされている方がほとんどなんです。まあ、そうでない人がキャリアや転職を相談することなんてね~、ないとは思います。

そして、きっと、この記事を読んでくださっているあなたも、真面目でコツこと努力されてきた方なはずです。
それで、この先のことに不安を感じて、または、今の処遇に不満を感じて、または、ご自身の思いのやり場のなさに無力感を感じて、ここにたどり着いたのではと思います。

そんな方にぜひ見ていただきたい手相の線があります。

それは、向上線(もしくは努力線)と言われている線です。

この線は、生命線から人差し指に向かって伸びる線で、2mmとかの短い線もあれば、人差し指近くまで伸びている場合もあります。
たくさん出ている人もいます。

この線を持っている人は、目標に向かってコツコツと努力していく人です。
また、とにかく勉強熱心で常に向上心を忘れない人が持っています。

私の手相の師匠は、「この向上線がない人と結婚してはいけない」と言っていました。ですので、まだ結婚されていない方は、相手の手相にこの向上線があるかどうかを確認してみてくださいね。
結婚だけではなく、仕事のパートナーなどでも同じですよ。

そして、手相は頑張っていた時の年齢もわかります。ですので、その頃にご自身が何をやってどんな風に頑張っていたのか、セッションではお伺いします。
皆さん、素晴らしい経験と努力をされていますね。

残念なことに、それを努力して頑張ってきたと思わない方も多いのです。謙遜する癖がついているのかもしれませんが、お話を聞いていると、本当にすごい頑張ったなあと思う話がどんどんと出てきます。

そして、その時のお話で、ご自身の強みが明確になったりします。それから、今後の目標ややりたいことに気が付いたり、現状のやり方を見直したりして、ご自身にとても良い変化が訪れています。

ぜひ、開運キャリア戦略室でご自身の努力した年齢を知って、自分の強みを見出してみませんか?

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。