一瞬の気づきで輝く コーチングガーデン
改善したい、これ以上止めにしたいと思う習慣・行動や感情が「解決の道」になります。

(以下 一般財団法人 日本コア・トランスフォーメイション協会より抜粋)

あなたには、「改善したい習慣や行動」、「許せないという感情」、「達成したい目標」がありますか?
多くの人は、あなたにとって好ましくない感情や反応、習慣をもたらすパート(部分、あるいは一面)は、邪魔な存在と思って否定しているかもしれません。
しかしパートの根源には、ポジティブな目的があるというのが、コア・トランスフォーメーション・プロセスの前提です。

コア・トランスフォーメーションを通じて得られると期待できる成果と効果
・達成したい目的に対して、持てるすべての力を発揮することができるようになる。
・自分に対して高い自己評価を持つことができるようになる。
・自分の中にバランスが取れた感覚を持つことができる。
・自分に悪影響を及ぼす感情から解放される。
・自分でコントロールできなかった行動を、好ましいものに変化させることができる。
・自分も他人も肯定することができるようになる。
・許すことができるようになる。
・自分と他人に対して、もっと正直になることができる。
・自分の内部の葛藤を解決することができる。

コア・トランスフォーメーションの経験により、あなたは、自分自身が癒され、感情的にも、身体的にも、精神的にも人間として成長するのを感じることでしょう。
このプロセスを実践することにより、あなたは、これまでの人生で「限界だ」と感じていたまさにそのことが、実は「解決への道」であると気付くことになります。

ここでは、このプロセスで得られる変化のうち、代表的なものをお伝えします。

・自己コントロール能力が身につく
・いまある人間関係を改善し、素晴らしい人間関係をつくる
・周囲に惑わされる自分の本当に得たいものを見つける
・親から受け継いだ「望ましくないもの」を手放すことで、親との関係や自分のパターンを改善する
・やりがいのある仕事が見つかる
・「心の安らぎ」「一体感」「至福」といった、全体的な感覚が生まれ、ありのままの自分を受け入れることができる


ご自分のコアステートを見つけて、新しい人生を生きませんか?


<セッションの流れ>

1.お問い合わせ
   お問い合わせフォームよりご連絡ください。
   お問い合わせフォーム
   下のほうにフォームがございます。
   「コアトランスフォーメーション」を選んでお問い合わせください。

2.ヒアリング
   コアトランスフォーメーションに期待することや、
   現在の状況などを簡単にお聞かせください。
   セッションのプロセスなどをご説明いたします。
   その後、ご契約をお決めください。

3.ご契約
   契約期間・実施方法などご相談の上、正式契約を締結いたします。
   守秘義務に関するお約束も行います。

4.セッション
   課題をお伺いしながら、セッションを実施いたします。
   1回のセッションは2時間になります。
   
5.セッション期間の終了
   今までを振り返り、達成度と確認を実施します。
   また、今後のフォローについてもお話しいたします。


<セッションの方法>

対面でのセッションになります。
23区内のご都合の良い会議室などで実施いたします。


<費用>

1回目の対面セッションで4万円(税込)になります。
2回目以降は1回につき3万円になります。


<お問い合わせ>

お問い合わせフォームよりご連絡ください。
開いたページの下のほうにフォームがございます。
「コアトランスフォーメーション」を選んでお問い合わせください。

テーマ:コーチング
ジャンル:ビジネス
怒りを出さないようにすることを諦めてはいませんか?

怒りのせいで降格したり、お客様を失ったり、
そんな失敗はもう許されません。

少しでも直せるならば、今がチャンスです。

怒りをうまうコントロールできるようにして、
諦めない人生、
生きやすい人生を
送ってみましょう。


<セッションの流れ>

1.お問い合わせ
   お問い合わせフォームよりご連絡ください。
   お問い合わせフォーム
   下のほうにフォームがございます。
   「その他」を選んでお問い合わせください。

2.ヒアリング
   怒りのコントロールコーチングに期待することや、
   現在の状況などを簡単にお聞かせください。
   セッションや日々の観察についてをご説明いたします。
   ご希望により、通常のコーチング体験もしていただけます。
   その後、ご契約をお決めください。

3.ご契約
   契約期間・実施方法などご相談の上、正式契約を締結いたします。
   守秘義務に関するお約束も行います。

4.初回導入セッション
   今後の怒りのコントロールコーチングを効果的なものにするための、
   関係づくりのためのセッションです。
   事前にお渡しするアンケートをもとに、怒りの状況や行動について、
   また、大切にされている価値観やビジョンなどをお伺いします。
   
5.セッション
   怒りをコントロールするためのセッションを実施いたします。
   1か月2回程度の割合で6か月間実施いたします。
   1回のセッションは、50分です。

6.セッション期間の終了
   今までを振り返り、達成度と確認を実施します。
   また、今後のフォローについてもお話しいたします。


<セッションの方法>

対面でのセッションになります。
23区内のご都合の良い場所か、ホテルのラウンジなどで実施いたします。


<費用>

6か月間で、12回の対面セッションと、日々付けていただく「怒りノート」についてのサポートなどがございます。
40万円(税込)になります。


<お問い合わせ>

お問い合わせフォームよりご連絡ください。
開いたページの下のほうにフォームがございます。
その他を選んでお問い合わせください。

テーマ:コーチング
ジャンル:ビジネス
最後に忙しない日が続いて、やらなければいけないことが後回しになってしまっています。
情けない。。。。

緊急度の高いものを片づけていると、重要度の高いものが置き去りにされ、気が付いたら「しまった!!!」という事に。

ブログも、気が付いてみたらかなり長い間ご無沙汰になっていました。
反省。


それでも、ここ数日間はいろいろと結果が出てきたり、人との交流が進んだりして、来年は早々から今年とは違った動きができそうな気がして、今からワクワクしています。


人は、いっぱいいっぱいになっていると、動かない。
というか、動けない。


そんなことが身に染みて分かってきました。
そんな時は、少し止まってみるのも良い方法だと思います。


さて、来年はこんなことが無いように、早々に目標を実現させるためのワークをやります。
このワークで実現させる人がとっても多いんです。


1年の計は元旦にあり

昔の人はこういっています。
という事は、そうしたほうがいいという事です。


ですので、早い時期に決めてしまうと、とっても良い1年になること間違いなしです。

1月23日(水)の夜19時から、ちよだプラットフォームスクエアの504会議室に、ぜひお越しください。



それでは、皆様、良いお年をお迎えください




テーマ:コーチング
ジャンル:ビジネス
私は、人から指図を受けたくないって気持ちが人一倍強いのかもしれませんが。


がっかりするセミナーがなんと多いこと。

最近のセミナーや講演でよく聞くことは、
「○○だから△△したほうがいい」「XXしましょう」と命令のオンパレード。
一言二言だけじゃないってことですよ。


小さいころから説教や命令ばかりをシャワーのように浴び続けた私には、
そんな言葉も命令されているように感じます。

  うるさい!!
  あんたにそんなに言われたくない。

セミナー中に、頭の中でつぶやいています。


命令はちょっときついかもしれませんが、これらは、直接的に人に行動を促すための言葉です。
つまり、相手に行動してほしいことを「こうしたほうがいい」と直接的な言葉で表現しているということです。



そういえば、お金払って人の話を聞くのがアメリカ人で、無料でも人の話を聞かないのが日本人だというのを
どこかのコラムで読んだことがあります。


以前は、単に「そうなんだぁ~」って思っていただけだけど、
もしかして、これの原因は話すほうなんじゃないのかな?


先日、アメリカのイラク・アフガニスタン帰還兵が自分の貰ったメダルをNATO首脳会議の会場の方向に投棄するというセレモニーをテレビで見ました。
兵士一人一人が、会場にいる多くの人の前で一言だけ話しをして、メダルを会議場に向かって投げるというものでした。


下記のURLには発言が掲載されていますが、そのうちの一つを掲載します。
http://motleynews.net/2012/05/25/nato-protest-war-vets-return-medals-what-the-news-didnt-show-you/#

つたない日本語ですみません。

 私の名前は、アッシュ・ウールソンAsh Woolsonです。
 私は、軍曹でした。 私は'03年にイラクにいて、私がそこで見たものは、私を押しつぶしました。
 私は我々にこれで苦しんで欲しくありません。そして、私は我々の子供たちに二度とこれで苦しんで欲しくありません。
 そして、私はこれら(メダル)を返還します。

そう言ってこの元軍曹のアッシュ・ウールソンさんは、NATO会議の会場に向かってメダルを投げました。

この時の言葉は30秒もない短いものです。

それなのに、「戦争はこんなに酷いものだから即刻止めるべきだ。」なんて言葉を使わなくても、本当はそう言いたかったということがひしひしと伝わってきました。


日本では、こういう発言をしているのはあまり聞いたことがないなあと思いました。
きっと、「こんなにひどいんですよ、みなさん。だから戦争はやっちゃいけないんです。」って言いそうな気がします。


こんな風に人を感動させる話ができるようになりたいな。

最近びっくりしたこと。


「ちっともわかってくれない」と愚痴をこぼす人のほとんどは、伝え方が悪いんだなあって。
私の経験からすると、90%は堅いなあ。


しかし、、、

こんなにひどいとは思ってもみませんでした。


なんとなくそうかなと思ってはいたのですが、どんなふうに説明してみたのかを聞いても、
その場とは違う説明になるから、今までは実態が良く分からなかったんですけど、
とにかく「伝え方が悪い」ということが判明!


この1週間の間にあった出来事をあげてみました。


話すべき理由を話せないエンジニア

ある中堅エンジニアが「XXをやってください。お願いします。」というメールを出したところ、
「XXは、こちらでは△△という理由でできないので、○○に聞いてください。」という返事が。

実は、メールを出す前から、△△という理由でできないのは分かっていたのです。
なのにさらに聞いたってことは、もしかしたら何かあるかもしれないと思ったから聞くことになったはずなのに、、、、、

この人、なんと、話さないんじゃなくて、どういう風に説明したら相手が分かってくれるか分からないんです。
だから、相手からはいつも分かり切った返事しか返ってこないんだってば。

結局、謝りのメール入れて、もう一度最初から説明して、2度手間ですねえ。


なぜ良いのか言えていない販売員

「これ、XXにとってもいいんですよ。」
どういう理由でどのくらいいいのか、ちっともわからない。
どんな人にいいのかもわからない。

だから、あいまいな返事をすると、「こんなに良いものなのに~」と拗ねる。

いい理由を論理的に説明して~~~!

別にこだわっているわけではないけど、私が良いと思わなくちゃお金は出せないのよね。



共通の話をしているはずなのに、なぜか話がかみ合わないエンジニア

「4つのパターンを試さないといけないので、~~~(長いので省略)」とある人に仕事を頼んでいた。
4つのパターンと言えば、「きっとあれだろう」と想像していたら全くの別物ということが後で判明。

4つのパターンって何?と聞くと、その後に聞いた説明もそのパターンにそぐわないものだったので、
そのエンジニアは「もう一度確認してから説明します」って。。。。

忙しくて時間がないんじゃなかったっけ?
ああ~、だから時間が足りないんだ。



好きでない物件を勧めてくる不動産屋

「とってもいい物件が出ました。どうでしょう?」
良い物件と言われても、ちっとも乗り気ではない私。

なぜならば、私が要望した要素が考慮されてないと思われる物件だから。


要望と違うから100%嫌だというわけでは決してないのです。

人は要望と違うものが出されても、それに見合う理由があれば購入するものです。
ですから、提案するときの言葉が重要なんですけど、そんなことがまったくないから購入を見合わせる話をすると、、、

「北西でも、陽当たりは全く問題ないです。本当にいい物件なんですけどねえ」

北西で陽当たりがいい???

いい理由を論理的に説明して~~~!
あれ、これってデジャブ



人を動かすって、とっても単純なんだけどなあ。。。
できない人にとっては、とっても難しいけど。