公務員に求められている「人間力」とはいったい何なのか?

とても曖昧な言葉「人間力」は、公務員にとても必要だとよく言われています。

最初にいきなり「曖昧」と言いましたが、人によってとらえ方が違うと思うから、どこかに定義でもあるかもと思いつつ。。。。。

人間力って、どんな環境でも生き抜くことができるサバイバー力?
それとも、人間らしい温かみのある心をもって他人に接することができる力?

面白いのは、内閣府が「人間力戦略研究会報告書」として、人間力とはこういうものだというのを発信していたことです。

社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力
参照:今後の学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について2 (mext.go.jp)

やはり、具体的に「こういうものです」と言うのがないですね。

自分に備わっているかを判断するのは難しいですが、自己分析をするときに、この指標は必ず確認してみましょう。

どのくらい人間力が備わっているのかを、面接の質問で確認しています。
どんな質問でかというわけではなく、いろんな質問でいろいろな角度から見ています。

自己PR、頑張ったこと、失敗したこと、やりたいこと、グループでやったこと、リーダーシップをとったことなどなど、これらの質問に対する回答を見直してみましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。